日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > Gooday 通信  > 熱中症、睡眠不足、虫刺され…真夏に役立つ厳選32本!
印刷

Gooday 通信

熱中症、睡眠不足、虫刺され…真夏に役立つ厳選32本!

Gooday編集部が総力を挙げてお届けします

 亀甲綾乃=日経Gooday

 お盆を迎え、全国的な猛暑が続いています。暑さで体調を崩してしまった、寝苦しくてつらい、紫外線が気になる、冷えに悩んでいる…。そんな皆さんの悩みに応える記事を、日経Goodayではこの夏、たくさん掲載しています。

 ジャンルごとに厳選してまとめましたので、お役立てください!

熱中症

(©Rafael Ben-Ari -123rf)

◆話題の論文 拾い読み!
猛暑で扇風機を使うと熱中症になりやすいって本当?

◆Goodayクイズ
冷たいビールは熱中症予防になる?

◆季節の病気を上手に防ぐ
梅雨明け直後の猛暑が危険! 倒れる前の熱中症対策

快眠

(©monticello -123rf)

◆真夏の夜の快眠術
暑苦しい夜…熟睡へ誘う「快眠空間づくりの4原則」

暑い夜でもよく眠れる寝具・寝間着の選び方

安眠体質に変わる!体内リズムを整える10のコツ

◆ビジネスパーソンに贈る 眠りの超スキル
暑苦しい寝床を快適空間に変える夏の快眠術

夏バテ

(©tomwang -123rf)

◆立川らく朝の「わかっちゃいるけど…」
鰻は身体に良いのか悪いのか

◆幸福薬局・幸井俊高の しあわせ漢方
夏バテ・熱中症に効く漢方

1/3 page

最後へ

次へ

BACK NUMBERバックナンバー

バックナンバーをもっと見る

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 突然死を招く「高血圧」 “少し高め”でも放置は危険!

    日本人の40代男性の約3人に1人、50代男性では約3人に2人が該当するといわれ、女性でも更年期以降に増加する「高血圧」。「少し高いだけだから」と思って対策を先延ばしにしていると、血管の老化が進み、脳卒中や心筋梗塞などの命にかかわる合併症を引き起こすほか、ヒートショックによる突然死などの原因にもなる。高血圧はなぜ怖いのか。そして、どうすれば血圧は下がるのか。本特集で最新情報をアップデートしておこう。

  • 長年の悩み「腰が痛い」を解決する

    男女とも非常に多くの人が悩むのが「腰痛」だ。ぎっくり腰のように、痛みは強いが原因が分かりやすいものは対策しやすいが、問題なのは原因がはっきりしない、「なんだか知らないけど、いつの間にか…」始まってしまう慢性腰痛。長年にわたって悩む人も少なくない。だが、この10年で腰痛治療は大きく変わった。

  • 痛風・尿酸値の「そこが知りたい」

    多くの男性が気にする「痛風」、そして「尿酸値」。「プリン体を抑えた発泡酒などを選べばいい」「魚卵、レバーはダメ」など、いろいろな“常識”が知られているが、これらの常識がすべて正しいわけではない。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間
明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.