日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

スポーツ・エクササイズ

Gooday 通信

気持ちいいこの季節、うまいビールとどう付き合う?

ビールや酒にまつわるいろんな疑問に答えます

 日経Gooday編集部

ビールがおいしい季節だ! あまりにおいしすぎて、気づけば短時間で大ジョッキを何杯も…などという人もいるかもしれない。しかし、尿酸値が気になる人にとって、プリン体の多いビールとの付き合い方は気になるところ。ビールとカラダの関係について知っておこう。

ビールをやめても尿酸値は下がらない?

ビールを美味しく飲みたい!だからこそ、知っておきたい本当のこと(©kazoka30 123-rf)

 尿酸値が高い人はプリン体の多い食品を控えたほうがいいということは、よく知られています。ビールはプリン体が多いので、「ビールをやめて、プリン体を含まない発泡酒や焼酎にすればいいだろう」と思っていないでしょうか?

 しかし、アルコール自体に、尿酸の産生を増加する働きや、尿酸の排泄を阻害する働き、利尿作用により尿酸を濃縮させる働きがあり、結果的に尿酸値を上げてしまうことは意外に知られていません。

 ビールや食品に含まれるプリン体の摂取をやめるだけでは、尿酸値は下がらないことを知っておきましょう。アルコール自体の摂取を控えることが大切です。

肥満者はやせると尿酸値も下がる!

 尿酸値が高い人は、肥満、とくに内臓脂肪型肥満の人が多いといわれています。肥満の人が体重を落とすと尿酸値が下がることが分かっているので、食べ過ぎ、飲み過ぎを控え、適度な運動を取り入れて肥満を解消しましょう。

 プリン体は、実は、食事から取り込まれるだけでなく、私たちの体内でも常に作られていて、その割合は体内で作られるもののほうが多いのです。そのため、食事からのプリン体の影響はさほど多くないと考えられています。

 また、プリン体はいろいろな食品に含まれているため、気にしすぎると栄養のバランスが崩れてしまいます。現在では、プリン体を警戒しすぎるよりも、総エネルギーを抑え、栄養バランスよく食べることのほうが重要だといわれています。

 もっと詳しく知りたい人は、以下の記事をご覧ください。

◆プリン体だけ気にしてもダメ!飲み会前に押さえたいビール&尿酸値の正しい知識

日経Gooday マイドクター 会員限定記事が読み放題! 新春キャンペーン 2月末まで無料! ご登録は1月末まで

マイドクターで相談!

24h、健康相談と医療機関の案内

メンタルヘルス相談(時間制限あり)

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について