日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

医療・予防

Gooday 通信

意外と知らない、薬の正しい飲み方・扱い方

日経Gooday「薬の使い方」関連記事まとめ

 中西奈美=日経Gooday

 薬は逆さから読むと「リスク」(危険)。不調を改善したり、病気を治療するのに欠かせない効き目(効果)を発揮する半面、副作用を発現する可能性も併せ持っています。薬を安心して使うためには、正しい使い方を知っておくことが大切です。

 今回は、コラム「薬剤師直伝! 市販薬の選び方・使い方」から、薬の使い方についてまとめている記事をピックアップします。

薬剤師直伝! 市販薬の選び方・使い方

薬の飲み方

いつ飲めばいいか?
薬はなぜ「食後」に飲むものが多いの?

 市販薬の添付文書や外箱を見ると、「食べる前に」「食後に」などと薬を飲むタイミングが書いてあります。薬の効き目や副作用の出方は胃の状態と大きく関係していて、食べ物による影響は無視することはできません。「食前」「食後」「食間」とは具体的にいつのことを指すのでしょうか。

薬はなぜ「食後」に飲むものが多いの?
何で飲めばいいか?
いつ飲めばいいか?

 内服薬の注意事項には、「お薬は水かぬるま湯で飲んでください」と書かれているものがほとんど。「お腹の中に入ってしまえば、他の飲食物と混ざるんだし、 何で飲もうと一緒だろう…」と思う方もいるかもしれません。でもこれは大間違い。思わぬ副作用を起こしたり、期待される効果が出なかったりとデメリットが 大きいことを覚えておきましょう。

薬はなぜ水で飲まないといけないの?

薬の取り扱い方

薬の保管方法
市販薬は冷蔵庫に入れておけば長持ちする?

 腐りやすい食品は冷蔵庫で保管しなければ、食べられる期間が短くなってしまいます。「薬は冷暗所に保管してください」とよく言われますが、冷暗所とはどういったところなのでしょう。保管方法について詳しく解説します。

市販薬は冷蔵庫に入れておけば長持ちする?
薬はいつまで使えるか?
市販薬は開封後、いつまで使っていいの?

 食べ物に賞味期限や消費期限があるように、市販薬にも薬の品質を保証する「使用期限」が決められています。薬は、食べ物のように目に見えて腐敗したりすることは滅多にありませんが、時間が経つにつれて含まれている有効成分が分解されてしまったり、副作用を起こしやすい物質に変化したりして、期待通りの効果を示さない可能性が出てきます。

市販薬は開封後、いつまで使っていいの?
薬の捨て方
下水はダメ! 余った薬の正しい捨て方

 救急箱の中身を確認すると、使用期限の切れた薬やもう使わない薬が出てくることがあります。さて、それらはどのように捨てたらいいのでしょうか。今回は市販薬の処分方法について解説します。

下水はダメ! 余った薬の正しい捨て方


 そのほか、症状に合った薬を選ぶのに、お薬検索もご活用ください。

期間限定 日経Gooday マイドクター 最大2カ月無料キャンペーン! 2017年4月1日~5月31日

マイドクターで相談!

24h、健康相談と医療機関の案内

メンタルヘルス相談(時間制限あり)

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について