日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

医療・予防

Gooday 通信

春の健診、直前だけ摂生しても「ごまかし」は利きません

誤解されがちな健診のイロハを知ろう

 亀甲 綾乃=日経Gooday

 新年度がスタートしてもうすぐ2週間。そろそろ職場で春の健康診断のお知らせを受け取った方も多いのではないでしょうか。

 「やばい、去年血圧が高めだったけど、今年はどうだろう。再検査にひっかかったらいやだなあ」
 「最近太ったから、腹囲測定が気が重い…」
 「よし、1週間ほど禁酒して血液検査に備えるか!」

 …と、いろいろな思いが錯そうしているかもしれません。

 自覚症状のない病気を見つけてくれる、ありがたい健康診断ですが、実は、知っているようで知らないことがたくさんあります。

  • 本当に大きな病気を見つけてくれるの?
  • 検査の前に摂生すれば数値は良くなるの?
  • 「要経過観察」なら、そのまま様子を見ていてもいいの?

 …そんな疑問がある方は、こちらのコラムを読んで、健診にまつわる素朴な疑問を解消しておきましょう。本コラムでは、健診の仕組みや結果の見方など、誤解されがちな健診のイロハを専門家が分かりやすく解説していす。気になるタイトルをぜひクリックしてみてください。

知ってビックリ! 健診のウソ・ホント

職場健診を受けていれば、大きな病気は発見できる?

職場健診の直前に摂生すれば、数値は正常に戻る?

「要経過観察」なら、そのまま様子を見ていてもいい?

健診の最新結果に異常がなければ心配はいらない?

職場健診は、受けなければそれで済むんでしょ?

医療被ばくが心配だから胸部エックス線検査は拒否してもいい?

血圧は低いぶんには心配ない?

健診で高血圧でも、自宅で正常値なら心配はいらない?

空腹時血糖が正常値なら、糖尿病は心配しなくていい?

悪玉コレステロール値が高いのは、お酒を飲み過ぎたから?

 ただし、残念ながら、健診を受ければすべての病気が見つかるわけではありません。とりわけ、がんを早期に見つけたいという場合は、がん検診や人間ドックを受診することをお勧めします。

 がんについての基礎知識を分かりやすくまとめたこちらの連載も、知識の整理に役立ちます。

やさしいがんの学校

胃がんは近い将来、激減する?

あなたの肺がんの危険度はどのくらい?

生活習慣が原因の“非ウイルス性肝がん”が増加中

日経Gooday マイドクター 会員限定記事が読み放題! 登録初月は無料! 登録は今すぐ!

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について