日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > Gooday 通信  > 1日5分の運動でメタボを解消したい人、全員集合!
印刷

Gooday 通信

1日5分の運動でメタボを解消したい人、全員集合!

パーソナルトレーナー・中野ジェームズ修一さんの1カ月プログラム

 池田 悟=日経Gooday

 「一月往ぬる 二月逃げる 三月去る」という諺(ことわざ)にもあるように、今日から迎えた3月もあっという間に過ぎてしまいそうな予感です。冬の間の運動不足で立派に“育った”メタボ腹は、何も「食べ過ぎ」「飲み過ぎ」ばかりではなく、筋肉量が減ったことによる代謝の低下にも大きな原因があります。かくいう40代オヤジ記者も思い当たるフシが…。

 そこで、お勧めしたいのが、フィジカルモチベーター・パーソナルトレーナーの中野ジェームズ修一さんが監修する「1カ月サーキットプログラム」です。所要時間は1日たったの5分! 3つのメソッドとストレッチを組み合わた週替わりのプログラムなっています。

 メタボ解消に限らず、運動を始めてもすぐに挫折してしまう人の多くは、「成功体験の不足」と「運動強度」に問題があると中野さんの指摘します。その対策の第一歩は、ズバリ「キツイ運動を避ける!」こと。本編では、筋肉の仕組みを踏まえながら、選りすぐりのメソッドを4週間に渡って公開。1カ月後の成功は約束されたも同然です!

メタボ腹がみるみる凹む 1カ月サーキットプログラム










【1週目】「メタボ改善の第一歩は『キツイ運動を避ける!』

【2週目】「眠った筋肉を復活させる『過負荷の原則』

【3週目】 「筋肉をつけるには「回数」よりも、「ゆっくり動かす」こと

【4週目】「ハードなトレーニングで筋肉量アップ! 生涯『脱メタボ』


 ちなみに…。日経Goodayでは、メタボ解消のメソッドに限らず、「春から何かスポーツを始めてみたい」と思っている読者に勇気を(きっと)与える、「ランニング」「ゴルフ」「水泳」「自転車」の体験型企画を好評連載中です。記者による体当たりの「ヘタレぶり」をご覧頂ければ、みなさんも臆することはナシ!! 上達していくって気持ちいいですよ(笑)。

 下記は、これまで公開した記事の一例です。併せて、ご覧ください!

走り亀 ~ヘタレランナー フルマラソンへの道~

ヘタレランナー・カメ子、ついに『30分』走る!

ランニング初日、いきなり準備体操で力尽きる

なぜ週1回のランニングでフルマラソンを完走できるのか?



月イチゴルファーが2年でシングルを目指す!!











『100切り』の手ごたえ、ハーフで『-12打』は偶然なのか?

ゴルフが上達しないのは体の使い方がよくないから!?

13年ぶりにクラブを手にした40代オヤジでもシングルになれる!?


50歳直前ペーパースイマー、100m「美メドレー」への道

入水前の腕の形が格好いいクロールのポイントだった

体が沈まず、スイスイ腕を回せる『横呼吸」を体得!

大学最強水泳部の門をたたく


ママチャリライダーがセンチュリーライドを目指してみた











転んで、濡れて、走り切った20km

メカ音痴が挑戦! クロスバイクの“最低限”メンテナンス

衝撃!ママチャリとは全く異なるスポーツバイク

その他の関連記事

◆金哲彦式ウォーキング術 目指せマイナス10歳ボディ!

体幹ウォーキングは足裏の重心移動で完成する」

◆中野ジェームズ修一が熱血指導!『ぽっこりお腹解消メカニズム』

腹筋運動でお腹は凹まない! その理由は?

◆ダイエットにいいのはどっち?

やせて見えても体脂肪率30%は『かくれ肥満』

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 寝ても取れない疲れを取るには?

    「疲労大国」といわれる日本。「頑張って仕事をすれば、ある程度疲れるのは当たり前」「休む間もないほど忙しいが、やりがいがあるから、さほど疲れは感じない」などと思っている人も多いかもしれない。だが、睡眠時間を削るような働き方を続けていると、知らぬうちに疲れはたまる。結果、「寝てもなかなか疲れがとれない」という状態に陥るばかりか、免疫力の低下や、生活習慣病の発症につながることは多くの研究で知られている。疲労の正体から、疲労回復の実践的な方法までをまとめた。

  • つらい筋トレ不要? 効率的に「お腹を凹ませる」トレーニング

    薄着の季節になると、何かと気になる“お腹ぽっこり”。短期間で何とか解消したい!と思う人は多いだろう。しかし、スポーツジムでしっかり運動するのはつらいし、運動する時間を確保するのも大変だ。そこで、今回のテーマ別特集では、手軽に実践できる「ドローイン」と「猫背姿勢の改善」で“ぽっこりお腹”を解消していこう。

  • 突然死を招く「高血圧」 “少し高め”でも放置は危険!

    日本人の40代男性の約3人に1人、50代男性では約3人に2人が該当するといわれ、女性でも更年期以降に増加する「高血圧」。「少し高いだけだから」と思って対策を先延ばしにしていると、血管の老化が進み、脳卒中や心筋梗塞などの命にかかわる合併症を引き起こすほか、ヒートショックによる突然死などの原因にもなる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間
明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.