日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

からだケア

Gooday 通信

働き盛り世代の“男の悩み”は男性ホルモンで解決する?!

気力、精力の減退を感じたら…テストステロンが増える生活を

 稲川哲浩=日経Gooday

 男性ホルモンと聞くと、“下半身”にかかわるイメージを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。しかし、それだけではなく、気力や性格、社会性にまで影響し、女性にとっても重要なホルモンであることが分かってきています。

 まだまだ仕事をバリバリこなしたい中高年男性を襲う、急な気力の低下。その原因は、体内の男性ホルモンの低下によるものかもしれないのです。症状が女性の更年期障害に似ているため、かつては「男性更年期障害」と呼ばれていましたが、現在では専門家は「LOH(ロー)症候群」=加齢男性性腺機能低下症候群と呼びます。患者数を600万人と推定する報告もあり、人ごとではないのです。

男性ホルモンはエネルギッシュな人に多い

 主要な男性ホルモンにはテストステロンがあり、男性の場合、約95%は精巣(睾丸)で作られるが、男女ともに副腎でも作られています。順天堂大学医学部泌尿器科学講座の堀江重郎教授は、「テストステロンは社会の中で自分をアピールし、未知の世界に旅立たせる“夢と冒険のホルモン”」と説明しています。

 このテストステロンの分泌量を示す値は、エネルギッシュでクリエイティブな方に多いようです。「芸能人や政治家にはテストステロン値が高い人が多い。逆にクリエイティビティ(創造性)が求められない職業や、他人と接触しない職業の人は低い傾向がある。女性も男性の3分の1くらい分泌しており、中には男性の平均値を上回る人もいる」(堀江教授)。

 男らしく、若々しくい続けたい人にとっては気になるテストステロンの値。実は生活習慣の改善によっても上げることができるそうです。

※テストステロンの増やし方について詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

46歳、仕事も趣味も突然やる気が失せた
「下半身」だけじゃない!“夢と冒険のホルモン”テストステロンのパワーの秘密
男性ホルモンはこうすればガンガン出る!

男性ホルモンが少ないと精子も老化する!?

 男性ホルモンに関するもう一つの切実なお悩みは、やはり子作りの問題でしょう。オヤジと若い女性が結婚する“年の差婚”は意外と多いのです。少し古いデータですが、結婚相談所「アルパ青山」が2009年に同社で結婚に至った夫婦を調べたところ、「11歳以上の差」がある夫婦が46%もいたといいます。

 オヤジと若い女性の結婚が成り立つ背景には、女性は年を重ねるとともに妊娠が難しくなりますが、男性はそうではないと思われていた事情があります。セックスさえできれば男は何歳になっても子どもを作れる――そう信じている人も少なくないでしょう。

 ところが、実はそんなことはないのです。獨協医科大学越谷病院泌尿器科の岡田弘主任教授は、「精子が老化する男と、老化しない男。我々の研究から、男性には2種類あることが分かった」と話しています。精子を老化させないための生活習慣は幾つかありますが、ある色の服を着ることが効果的という研究もあるそうです。

※精子の活性化について詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

精子が老化する男としない男がいる!?
不妊に悩む妻、実は原因はオレにあるのかも…

精力減退は心臓血管障害の前兆

 実は、こうした精力減退は子作りへの影響だけにとどまりません。特に中高年の男性では、「肉体の異常を示す重大なサインが隠れていることもある」と東邦大学医学部泌尿器科学講座の永尾光一教授は指摘しています。

 「精力減退の原因には、精神的ストレス、うつに加えて、糖尿病にもつながる代謝性疾患、LOH(加齢男性性腺機能低下)症候群などが考えられ、最近は、動脈硬化など心臓血管障害の初期症状としても注目されている」とのことです。

 このように男性ホルモンの欠乏は、仕事のやる気や精子力を損ね、精力減退は将来の大病の兆候としても見逃せません。

※精力減退と関係する疾患の治療について詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

夏バテ? なんだか性欲がなくなった…
専門医に聞く「男性更年期障害」(有料)
期間限定 日経Gooday マイドクター 最大2カ月無料キャンペーン! 2017年4月1日~5月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について