日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

からだケア

漢方薬の基礎知識

生薬の「性質」と「味」

 

 体に合った漢方薬や生薬の利用は、治療のためばかりでなく、病気を予防し、健康や美しさを保つためにも有効である。抵抗力や機能を高める、体内の余分なものを取り除く、五臓のバランスを整えるなどの目的に応じて選ぶことが大切だ。

 漢方薬や生薬を理解する上で、気・血・水や五臓以外に知っておきたいのが、生薬や食材がもつ性質のこと。中医学では、生薬や食材を、五つの性と、五味で分類している。

 五つの性のうち、温性や熱性の生薬には、体を温める作用のほか、循環促進、発汗、興奮、代謝を活発にする働きなどがある。寒性や涼性の生薬には、体の熱を取る作用のほか、鎮静、解毒、通便、利尿作用などがある。どちらにも偏らないものは「平性」と呼ばれる。

[画像のクリックで拡大表示]

(出典:『サプリメント事典 第4版』日経BP社 日経ヘルス編 2011年)

日経Gooday マイドクター 登録初月は無料!

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について