日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 漢方薬の基礎知識  > 中医学とは
印刷

漢方薬の基礎知識

中医学とは

 

より効果的に漢方薬を使用するために、中医学の基本的な考え方を紹介する。

 中国の伝統医学である中医学は、数千年の歴史をもちながらも、今なお発展し続けている医学である。漢方薬のほか、薬膳、鍼灸(しんきゅう)、気功など、多彩な治療法をもつ。西洋医学との大きな違いは、症状が現れている部分だけをとらえて治療するのではなく、気(き)・血(けつ)・水(すい)のバランスや五臓(ごぞう)の調和といった独特のチェック法を用いて、体を立体的にみる点。また、検査値に現れるほどの不調はなくても、何らかの不快な症状があるようなら、病気の前段階である「未病(みびょう)」ととらえ、積極的に対処するのも特徴だ。

 中医学で用いられる漢方薬は、薬草が主成分(動物性の材料を含む場合もある)。薬草のうち、科学的に分析されて効果がはっきりしているものを「生薬」と呼ぶ。生薬の大部分は日本薬局方に掲載されており、病院で健康保険が利くものも多いが、食品として扱われるものもある(ショウガ、シソなど)。

 なお、日本の漢方医学(日本漢方)も中医学が源流だが、江戸時代を中心に独自の発展を遂げたため、現在、中医学とは理論体系を異にしている。そのため、両者とも大半は同じ漢方薬を用いるが、診断のプロセスは異なる。中医学の方が漢方薬の種類は多く、体質に合わせて処方をアレンジすることも多い。日本での専門家の数は日本漢方が圧倒的に多い。いずれにしろ、漢方薬は自己判断で使用せず、中医学や漢方薬に詳しい医師や薬剤師がいる医療機関や薬局で相談したい。

(出典:『サプリメント事典 第4版』日経BP社 日経ヘルス編 2011年)

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 突然死を招く「高血圧」 “少し高め”でも放置は危険!

    日本人の40代男性の約3人に1人、50代男性では約3人に2人が該当するといわれ、女性でも更年期以降に増加する「高血圧」。「少し高いだけだから」と思って対策を先延ばしにしていると、血管の老化が進み、脳卒中や心筋梗塞などの命にかかわる合併症を引き起こすほか、ヒートショックによる突然死などの原因にもなる。高血圧はなぜ怖いのか。そして、どうすれば血圧は下がるのか。本特集で最新情報をアップデートしておこう。

  • 長年の悩み「腰が痛い」を解決する

    男女とも非常に多くの人が悩むのが「腰痛」だ。ぎっくり腰のように、痛みは強いが原因が分かりやすいものは対策しやすいが、問題なのは原因がはっきりしない、「なんだか知らないけど、いつの間にか…」始まってしまう慢性腰痛。長年にわたって悩む人も少なくない。だが、この10年で腰痛治療は大きく変わった。

  • 痛風・尿酸値の「そこが知りたい」

    多くの男性が気にする「痛風」、そして「尿酸値」。「プリン体を抑えた発泡酒などを選べばいい」「魚卵、レバーはダメ」など、いろいろな“常識”が知られているが、これらの常識がすべて正しいわけではない。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間
明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.