日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

からだケア

漢方薬の基礎知識

中医学とは

 

より効果的に漢方薬を使用するために、中医学の基本的な考え方を紹介する。

 中国の伝統医学である中医学は、数千年の歴史をもちながらも、今なお発展し続けている医学である。漢方薬のほか、薬膳、鍼灸(しんきゅう)、気功など、多彩な治療法をもつ。西洋医学との大きな違いは、症状が現れている部分だけをとらえて治療するのではなく、気(き)・血(けつ)・水(すい)のバランスや五臓(ごぞう)の調和といった独特のチェック法を用いて、体を立体的にみる点。また、検査値に現れるほどの不調はなくても、何らかの不快な症状があるようなら、病気の前段階である「未病(みびょう)」ととらえ、積極的に対処するのも特徴だ。

 中医学で用いられる漢方薬は、薬草が主成分(動物性の材料を含む場合もある)。薬草のうち、科学的に分析されて効果がはっきりしているものを「生薬」と呼ぶ。生薬の大部分は日本薬局方に掲載されており、病院で健康保険が利くものも多いが、食品として扱われるものもある(ショウガ、シソなど)。

 なお、日本の漢方医学(日本漢方)も中医学が源流だが、江戸時代を中心に独自の発展を遂げたため、現在、中医学とは理論体系を異にしている。そのため、両者とも大半は同じ漢方薬を用いるが、診断のプロセスは異なる。中医学の方が漢方薬の種類は多く、体質に合わせて処方をアレンジすることも多い。日本での専門家の数は日本漢方が圧倒的に多い。いずれにしろ、漢方薬は自己判断で使用せず、中医学や漢方薬に詳しい医師や薬剤師がいる医療機関や薬局で相談したい。

(出典:『サプリメント事典 第4版』日経BP社 日経ヘルス編 2011年)

マイドクターで相談!

24h、健康相談と医療機関の案内

メンタルヘルス相談(時間制限あり)

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について