日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

医療・予防

トピックス

ノロウイルスにマスクや手洗いは有効? クイズで学ぶ正しい知識

全6問に挑戦して、自分の「ノロ理解度」をチェックしよう

 伊藤和弘=ライター

 冬になると、毎年猛威をふるうのがノロウイルスだ。マスクや手洗いは意味がない、ノロウイルスには抗体ができないので何回も感染する、などいろいろなウワサを聞くが、実際のところどうなのか? 2017年11月、北里大学北里生命科学研究所・大学院感染制御科学府ウイルス感染制御学教授の片山和彦さんが行ったクイズ形式の講演「ノロウイルス 研究の進展で見えてきた本当の姿」の内容をお届けしよう。

ノロウイルス感染予防に、マスクや手洗いは意味がないというウワサも聞くが本当はどうなのだろうか?(c)Dmitriy Shironosov-123rf

【問題1】

冬にノロウイルスが流行するのは、低温や乾燥に強く、冷蔵庫に入れた食べ物の上でも増殖できるから。ホント? ウソ?

(1)ホント  (2)ウソ

答えと解説
[画像のクリックで拡大表示]

 「ウイルスと細菌は違います。ウイルスは生物の細胞の中でしか増殖できない。たとえ栄養を与えても、自分だけでは増えることができないのが細菌と違うところです」と片山さん。というわけで、正解は(2)ウソ。ノロウイルスは、低温や乾燥には強いものの、生き物の細胞の外で増殖することはできないのだ。

 ノロウイルスがすみつくのは腸の中。酸に強いので胃酸に耐えて腸まで行って増殖し、激しい下痢や嘔吐(おうと)を引き起こす。感染者の便の中には、耳かき1杯くらいでも1億個以上のノロウイルスがいる。鼻や口から100~1000個のウイルスが体内に入ると感染するという。

 感染経路は大きく3通りだ。

  1. 食品から人へ(食中毒)。下水を通じてカキなどの二枚貝にノロウイルスがたまっていることがあり、これを生や加熱不十分で食べることで感染する。
  2. 人から食品を介して人へ(食中毒)。感染した人が調理した食品にウイルスが付着し、それを食べた人に感染する。
  3. 人から人へ(感染症)。感染した人の便や嘔吐物に触れることで、ウイルスが鼻や口から消化管に入って感染する。

 厚生労働省によると、2016年のノロウイルスによる食中毒の発生件数は354件、患者数は1万1397人。食中毒の原因物質としては、どちらもトップだったという。

【問題2】

ノロウイルスは石けんでは死なないし、粒子がとても小さいので、普通のマスクや手洗いは予防法として意味がない。ホント? ウソ?

(1)ホント  (2)ウソ

日経Gooday マイドクター 会員限定記事が読み放題! 新春キャンペーン 2月末まで無料! ご登録は1月末まで

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について