日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

医療・予防

トピックス

週1回飲むだけでOK! 糖尿病の新薬に高まる期待

低血糖の心配なく、合併症の発症を予防

 伊藤左知子=ライター

製薬会社のMSDは、1回の服用で1週間作用する2型糖尿病の治療薬「マリゼブ」を2015年11月に発売した。これは、低血糖になりにくいメリットがある「DPP-4阻害薬」に分類される薬品で、週1回投与のDPP-4阻害薬は日本で2剤目。従来のDPP-4阻害薬は少なくとも1日1回の服用が必要だったが、新薬は1週間に1回で済むようになった。患者の服薬負担が軽減されるため、2型糖尿病の治療継続者が増えると期待されている。同社が開催したセミナーを基に、糖尿病治療の現状と新しいDPP-4阻害薬の意義についてまとめた。

糖尿病患者の35%は治療を受けていない!

糖尿病が強く疑われる人の治療状況
[画像のクリックで拡大表示]
出典:平成24年国民健康・栄養調査

 中高年の太った人に多く、糖尿病の9割以上を占める2型糖尿病で怖いのは合併症である。厚生労働省の2007年の調査では、医師から糖尿病と診断されたことがある人のうち、合併症として網膜症や腎症、神経障害がある人はいずれも10%以上で、足に壊疽(組織が腐ること)がある人は0.7%いることが分かっている。また、糖尿病が疑われる人のうち、現在治療を受けている人の割合は65%で年々増加しているものの、いまだに35%の人は治療を受けたことがないか、治療を継続できていないというのが現状である。

 「これらの合併症は、糖尿病の治療を早期に開始して、血糖値を適正にコントロールすることで、防ぐことができます。一方、高血糖のまま治療せずに10年間放置してしまうと、高い確率で合併症を発症します」と今回のセミナーで奈良県立医科大学糖尿病学講座教授の石井均さんは話した。

DPP-4阻害薬の服用間隔が週1回に

 2型糖尿病の治療は基本的に食事療法、運動療法、薬物療法からなり、食事療法と運動療法で血糖値が改善されない場合は、薬物療法が追加される。その薬物治療は、大きく分けて「インスリン療法」と「経口血糖降下薬」がある。

 このうちインスリン療法は、患者が自分でインスリン注射を行い、足りないインスリンを補う治療法である。インスリンが絶対的に不足する1型糖尿病や、厳格な血糖管理が必要な妊娠糖尿病、他の治療で血糖コントロールが不十分な2型糖尿病の患者を対象に行う。

 一方、経口血糖降下薬は主に、「インスリン抵抗性改善系」「インスリン分泌促進系」「糖吸収・排泄調節系」の3タイプに分かれる。冒頭で紹介したDPP-4阻害薬はインスリン分泌促進系の薬で、インスリンの分泌が低下したときに使われる。その主流はSU薬(スルホニル尿素薬)だったが、2009年からDPP-4阻害薬という新しい薬が登場して、現在、この2種類が多く使われている。

期間限定 日経Gooday マイドクター 最大2カ月無料キャンペーン! 2017年4月1日~5月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について