日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

からだケア

トピックス

治療中に「痛み止めを自己判断で中止する」はNG

薬に対する不安や疑問は医師や薬剤師に相談を

 鈴木 英子=ニューズフロント

 ファイザーは、長く続く痛みを抱える人の治療薬の服用実態について調査した結果を発表した。それによると、処方薬に対する不安や思い込みから、患者の6割以上が自分の判断で薬を飲むのをやめてしまうことがあるという。

 調査(調査期間:2015年11月4日~9日)は、週2回以上の頻度で痛みが起こり、かつ1カ月以上痛みが続いている状態を「長く続く痛み」と定義し、該当する症状を持つ全国の20歳以上の男女9400人を対象にアンケートを行った。

自己判断で痛み止めを止めてしまう人は6割超

 回答者のうち、医師が処方した痛み止め(飲み薬)を服用した経験がある4457人に、治療の途中でも自己判断で痛み止め薬の服用を中断したことがあるか尋ねたところ、62.1%が「ある」と答えた(図1)。

図1◎ 治療の途中でも、自分の判断で薬の服用を中断することがあるか
[画像のクリックで拡大表示]

 中断した理由を聞くと、「痛みが完全になくなったから」は1割(10.0%)にとどまり、「痛みが軽減したから」(26.9%)、「症状が改善しなかったように感じたから」(20.0%)、「薬の効果が薄れてきたと感じたから」(5.3%)など、痛みが残っているにもかかわらず服用を中断した人が多く見られた。

期間限定 日経Gooday マイドクター 最大2カ月無料キャンペーン! 2017年4月1日~5月31日

マイドクターで相談!

24h、健康相談と医療機関の案内

メンタルヘルス相談(時間制限あり)

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について