日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

スポーツ・エクササイズ

トピックス

箱根駅伝、青学躍進の陰に“理詰め”の体幹トレーニング【前編】

準備運動は従来の静的から動的のストレッチに改革

 松尾直俊=フィットネスライター

7年連続、通算20回の出場、最高順位5位。それが青山学院大学駅伝チームの箱根駅伝(正式名称:東京箱根間往復大学駅伝競走)における2014年までの成績だった。ところが2015年の大会では、誰もが予想していなかった歴代記録を大幅に塗り替える成績で、創部96年目にして往路復路ともに制して初の総合優勝を果たした。2016年の大会でも優勝候補の呼び声が高い青学の大躍進の秘密を、トレーニングの一端を担ったフィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一氏に聞いた。併せて一般ランナーもぜひ取り入れたい、最先端のエクササイズの一部を紹介する。

 中野がオファーを受けて、青山学院大学陸上競技部(以下「青学」)のトレーナーに就任したのは2014年4月、翌年1月に行われる箱根駅伝本大会まで8カ月を切った時期だった。まず、何から着手したのだろうか。

 「練習を見せてもらいに行った時、『何をやったらいいですか?』という質問を受けたので、まずはいつも通りにやってくださいとお伝えしました。見てみると、体幹を鍛えるために実施している準備運動や補強運動の一つひとつは間違ったものではないのですが、どの筋肉を鍛えるのかという目的を理解していないのと順序立てが違っていることに気付きました。つまり目標までのプランニングができていなかったのです」(中野さん)

「いつ、どの時期に何をやるか」のプランニングが必要

[画像のクリックで拡大表示]
青学の選手たちの脚の状態をチェックする中野さん

 日頃から競技のための練習を行い、ある程度の体ができている学生アスリートがもっと能力を高めて成績を伸ばすには、さらなるトレーニングの積み重ねが必要だ。

 「プロのトレーナーの観点で青学の選手たちを見たとき、決して能力が低いわけではないことが分かりました。ただ、競技能力の向上は1カ月や2カ月で達成できるものではありません。最低でも1~2年の期間を見据える必要があります。私は“期分け”、あるいはフェーズと呼んでいますが、一定期間ある部位を鍛え、強化できたら別の部位、あるいは次のステップへと積み重ねていくものです。青学の練習方針には、そこが抜け落ちていた」(中野さん)

 

 例えば体幹の筋肉を鍛えるには、まず重要度が高い体の奥深くにある筋肉から鍛え始めて、順に付帯する外側の部位を強化しないと、目的とする競技能力の向上にはつながらない。「その順番を間違えて、先に外側の筋肉を鍛えてしまうと、内部の筋肉を鍛えるべきエクササイズで外側の筋肉を使うようになってしまうので、深部にある筋肉を鍛えるのに非常に時間がかかってしまうのです」と中野は説明する。

続きは日経Gooday会員に登録するとすぐご覧いただけます。

期間限定 日経Gooday マイドクター 登録月プラス1カ月無料キャンペーン 2017年9月1日~10月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について