日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

医療・予防

トピックス

徹底解説! ノロウイルスってどんなウイルス?

ノロウイルス徹底対策【前編:まず敵を知る】

 大西淳子=医学ジャーナリスト

しぶとく、手ごわいノロウイルス。(©Juan Gärtner -123rf)

 職場の同僚がノロウイルスに感染し、突然ダウン。激しい嘔吐と下痢を繰り返し、げっそりやつれて復帰してきた…。そんなエピソードを経験したことがある人もいるのではないでしょうか。

 ノロウイルスによる感染性胃腸炎や食中毒は、年間を通じて発生しますが、冬は一番の流行期。今年も、自分や家族、あるいは職場の同僚が、ノロウイルスによる感染性胃腸炎を発症したら…と考えると気分が暗くなりますね。

 そもそもノロウイルスとはどんなウイルスなのか。何に気を付ければ感染リスクを低くできるのか。年末の気忙しい時期、予期せぬ突然のダウンを避け、元気に乗り切るために、まずは、“敵”を知ることから始めましょう。時間がない人は、各項目の「ポイント」だけをチェックしてみてください。時間に余裕のある方は、じっくり読んで、ノロウイルスに対抗する知識を身につけましょう。

症状と経過

ポイント
  • ノロウイルスは食べ物や手などを介して口から感染する
  • 嘔吐や下痢、腹痛が1~2日続く
  • 子どもや高齢者は特に脱水や栄養不足を引き起こす危険あり
  • 症状が治まっても数日~1カ月近く、便の中にウイルスが排出され続ける

 ノロウイルスは食べ物や手の指などを介して主に口から感染し、ヒトの小腸で増殖して、嘔吐、下痢、腹痛などを起こします。感染後24~48時間で発症し、通常は、嘔吐や下痢が1~2日続いたのちに回復します。子どもや高齢者では、脱水が進んだり栄養不足になったりする危険性があります。

 ノロウイルスは、症状がまだ現れていなくても、感染から15時間後には便中に排出され始め、25~72時間後には便へのウイルスの排出がピークに達します。ピーク時には、便1gあたりに約1000億個のノロウイルスが存在します。その後、排出されるウイルスは減少しますが、通常は1週間程度、長い時には1カ月程度、便への排出が続きます。

 一部に、感染しても発症しない人や、軽い風邪のような症状にとどまる人もいますが、それらの人の便にも感染性のあるウイルスが排出されます。

期間限定 日経Gooday マイドクター 最大2カ月無料キャンペーン! 2017年4月1日~5月31日

マイドクターで相談!

24h、健康相談と医療機関の案内

メンタルヘルス相談(時間制限あり)

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について