日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

医療・予防

トピックス

女性の梅毒が急増中! その背景には…

現れたり消えたりする多彩な症状に注意

 大西淳子=医学ジャーナリスト

治療 ~早期に治療をすれば薬物療法で完治~

 もし検査で陽性になったら、感染している可能性があるパートナーにも検査を勧め、陽性であれば一緒に治療を受けることが重要です。ほとんどの場合、薬物治療で完治します。しかし、治療を受けて治ったからといって、免疫ができて感染から守られるわけではなく、再感染を予防する必要があります。

 パートナーとの性的な接触は、医師が安全と判断するまで控えます。

新たな患者の数は、実は2000人どころではない?

 新たに梅毒を発症する人が増加している、というニュースは、診断した医師が保健所に届け出た数に基づいています。症状が現れたり消えたりする病気で、一般的な皮膚疾患との区別が難しい梅毒ですから、診断がつかない患者もいる可能性があります。もちろん、受診しない、検査も受けない感染者もいるでしょう。新たな患者の数は、実は2000人どころではなく、増加のスピードも予想を超えているのかも知れません。

 近年、世界各地で、一部の治療薬に耐性を示す梅毒が見つかっています。自分の身は自分で守るよう、これまで以上に心がける必要があります。

期間限定 日経Gooday マイドクター 登録月プラス1カ月無料キャンペーン 2017年9月1日~10月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について