日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

医療・予防

トピックス

女性の梅毒が急増中! その背景には…

現れたり消えたりする多彩な症状に注意

 大西淳子=医学ジャーナリスト

男性から女性へ、女性から男性へ、の悪循環が?(©Valerii Sidelnykov-123rf)

 過去の病気と思われていた性感染症、「梅毒」の患者が、2010年以降、年々増加しています。国立感染症研究所の調べによると(*1)、2015年第1週から10月25日までに、新たに梅毒に感染した患者数は2000人以上に達しました(2037人、うち男性1463人、女性574人)。

 注目すべきは、女性の患者数の増加です。特に20~24歳の女性では、2014年の2.7倍に急増しています。女性全体では、2015年の新たな感染者の数は2010年の約5倍にもなり、危機感を抱いた厚生労働省は、啓発チラシ「女子の梅毒増加中!」(*2)を作成しました。女性の梅毒急増の背景には、異性間の性的接触による感染が広がっていることがうかがえます。

女性が感染すると胎児の早産や死産、障害の恐れ

 女性の梅毒感染の増加が引き起こす問題として、特に憂慮されるのは、胎児への影響です。梅毒に感染した女性が妊娠すると、あるいは、妊婦が梅毒に感染すると、胎盤を通じて胎児に病原体が移行して、早産や死産になったり、胎児に障害が起きたりする可能性があります。

 日本では、妊娠すると、初期に必ず梅毒検査を受けることになっています。早い段階で治療を受ければ、子どもに悪影響が及ぶことは避けられます。

梅毒とは? ~性的な接触でうつる感染症~

 以下は、厚生労働省 梅毒に関するQ&A(*3)を参考文献として簡単にまとめたものです。

 梅毒は、性的な接触などによってうつる感染症です。原因は「梅毒トレポネーマ」という病原体で、感染すると全身に様々な症状が出ます。感染からの時間によって、症状が現れる部位や内容が異なり、しかも、出たり消えたりするため、患者自身も、医師も、梅毒に感染していることに気が付きにくいのがやっかいなところです。まず、感染からの時間経過ごとに、どんな症状が出るのかをみてみましょう。

第Ⅰ期(感染後約3週間) ~感染した部位にしこりができるが自然に治る~

 感染がおきた部位(陰部、口唇、口腔など)にしこりができたり、股の付け根のリンパ節が腫れたりしますが、痛みがないことが多く、症状は自然に軽くなるため、感染に気づかない人が少なくありません。しかし、パートナーにうつす可能性は持続しています。無防備な性交渉の覚えがあるかたは、この時期に梅毒の検査を受けてください。

第II期(感染後数カ月) ~アレルギーや風しんに似た赤い発疹が出現~

 治療なしに3カ月以上が経過すると、病原体は血液によって全身に運ばれ、手のひら、足の裏、体全体などに赤い発疹を生じさせます。この発疹も、数週間以内に消える場合があり、再発を繰り返す場合もあります。

 発疹は、アレルギー、風しん、麻しん、手足口病や接触皮膚炎などに間違えられることがあります。この時期に適切な治療を受けないと、数年後に深刻な症状が現れます。

続きは日経Gooday会員に登録するとすぐご覧いただけます。

期間限定 日経Gooday マイドクター 最大2カ月無料キャンペーン! 2017年4月1日~5月31日

マイドクターで相談!

24h、健康相談と医療機関の案内

メンタルヘルス相談(時間制限あり)

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について