日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

からだケア

トピックス

約9割が「大人のADHDへの適切な対応を知らない」

認知は広がるも、外見からはわかりにくいADHD

 鈴木 英子=ニューズフロント

 日本イーライリリーが実施した大人の注意欠陥・多動性障害(ADHD)に関する調査(調査期間:2015年10月7〜8日)の結果によると、ADHDの認知度は5割程度にとどまり、ADHDという言葉を知っている人でも、約9割が大人のADHD当事者への適切な対応を知らないという。

 ADHDは、不注意、多動性、衝動性を特徴とする症状が見られる発達障害の1つ。以前は子どもに特有の障害と考えられていたが、近年、成人のADHD当事者が日常生活に困難をきたしていることが分かってきている(「大人のADHD」についての解説は次ページ)。

 調査は、20〜60代の男女400人を対象に、東京都立小児総合医療センターの市川宏伸顧問と発達障害をもつ大人の会の広野ゆい代表による監修のもと、インターネット上で実施した。ADHDという言葉を知っているかとの質問に対し、「知っている」との回答は54.8%だった。

 ADHDという言葉を知っている人のうち、大人になってから自分がADHDであることに気づく人もいることを「知っている」は67.6%だった(図1)。しかし、大人のADHDがどのような疾患であるか理解している人は37.0%にとどまり(図2)、ADHDと診断された大人への適切な対応を知っている人はわずか10.5%だった(図3)。

図1◎ 大人になってからADHDであることに気づく人もいることを知っているか
[画像のクリックで拡大表示]
図2◎ 大人のADHDがどのような疾患であるか理解しているか
[画像のクリックで拡大表示]
図3◎ 大人のADHDと診断された人への適切な対応を知っているか
[画像のクリックで拡大表示]
期間限定 日経Gooday マイドクター 登録月プラス1カ月無料キャンペーン 2017年9月1日~10月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について