日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

医療・予防

トピックス

ノロvsインフル、脱水予防の水分補給はこう区別せよ

どちらも症状悪化の防止には「脱水予防」が大事!

 塚越小枝子=フリーライター

今年もノロウイルス・インフルエンザなど感染症の季節が到来。今シーズンはノロウイルスの遺伝子変異が報告されており、大流行も懸念されている。今年のインフルエンザの傾向も含め、ウイルス性感染症の対策を聞いた。

ノロウイルス・インフルエンザはこれからが流行シーズン

ノロとインフル、どちらもかからないのがベストだが…。(©Vitaliy Vodolazskyy 123-rf)

 ノロウイルスは、2006年の大流行をピークに2001年以降、毎年、食中毒原因物質の1位(対、総患者数)を占めている。さらには、ほとんどの感染性胃腸炎の原因ともいわれている。

 とくに、今シーズンは2006年以来のウイルス変異が報告されており、これまで流行していた遺伝子型「GⅡ.4」とは異なる「GⅡ.17」、なかでも少し変異した株が流行しそうだと、厚生労働省でも感染予防対策の強化を呼びかけている(※新型ノロウイルスを警戒すべき理由については、「大流行懸念される「新型ノロウイルス」、なぜ怖い?」をご覧ください)。

 「新型ノロウイルスといっても、症状や対処法が大きく変わることはありません。ただし、新型には免疫を持つ人がほとんどいないため、過去にノロウイルス感染症を経験した人でも、新たに感染してしまうリスクがあります」と、首都大学東京客員教授の矢野一好さんは言う。

 一方、インフルエンザについては、例年、シーズンのはじめはA型で一定の亜型が流行して、年末年始で小休止、年が明けるとB型が増えてきて収束するという状況が見られるが、今年は現状で、A型2種類(AH1pdm09、AH3)とB型の3種類が検出されていて、どれが流行ウイルスとなるかわからないという。

 「幸い、今年のワクチン株にはこれらが全て含まれていますので、予防のためにワクチン接種を受けておくことは大切です」(矢野さん)

ノロウイルス・インフルエンザ 水分補給の仕方に注意

 では、ノロウイルス感染症やインフルエンザにかかってしまったら、どう対処をすればよいのか。

続きは日経Gooday会員に登録するとすぐご覧いただけます。

期間限定 日経Gooday マイドクター 登録月プラス1カ月無料キャンペーン 2017年9月1日~10月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について