日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

からだケア

トピックス

「太った」「痩せた」と疲れやすさの関係は?

3kgの体重増減が脂肪燃焼のメカニズムや疲労感に影響を及ぼす

 鈴木 英子=ニューズフロント

図1◎ 日常生活での疲労頻度
[画像のクリックで拡大表示]

 花王らが協賛する「ウーマンウェルネス研究会 supported by Kao」は、日常生活の疲れに関する意識調査の結果を発表した。首都圏在住の20~50代の男女693人に、日常生活での疲労頻度を尋ねたところ、疲れを「頻繁に感じる」(35.2%)と「時々感じる」(53.5%)を合わせた「疲れやすい」人は9割近く(88.7%)にのぼった(図1)。

体重の増減が大きいと疲れを感じる傾向が

 1年以内の体重の変化について尋ね、体重増減の程度別で疲れやすさを見ると、疲れを「頻繁に感じる」と答えた割合は、体重が「かなり増えた(3kg以上)」人では52.0%を占め、「ほとんど体重変化がない」人の23.9%と比べ2倍以上だった。「かなり減った(3kg以上)」人も44.2%と、体重の増減が大きいと疲れを感じる傾向が高い(図2)。

図2◎ 疲れやすさと体重増減の関係
[画像のクリックで拡大表示]

 整形外科医でスポーツドクターの中村格子氏によると、体重が3kg以上増えた人は体脂肪が増加したことで疲れやすくなり、3kg以上減った人は筋肉量が減少したことで疲れやすくなっていることが推察される。

マイドクターで相談!

24h、健康相談と医療機関の案内

メンタルヘルス相談(時間制限あり)

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について