日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

からだケア

トピックス

舌で分かる血流不足 目指すはサラサラよりタップリ

ヒット書籍『血流がすべて解決する』著者・堀江昭佳さんに聞く(前編)

 塚越小枝子=フリーライター

 「血液サラサラ」を目標に、日々健康に気を使う人も多いだろう。しかし、いくら血液をサラサラにしても、そもそも血の量が足りなければ、意味がないのだという。体の血を十分に増やし、巡りも良い「血流たっぷり」の状態にするだけで、体の不調はもとより、心の不調まですべて解決すると提唱する書籍『血流がすべて解決する』が、発売から7カ月で16万部と反響を呼んでいる。血流たっぷりがなぜいいのか? 血流たっぷりになるコツは? 著者で漢方薬剤師の堀江昭佳さんにお話をうかがった。

血流が悪い=血液ドロドロではない

著書では「血流たっぷり」になるだけで、体の不調も心の悩みもすべて解決すると言い切っていたのに驚きましたが、血流たっぷりとはどういうことでしょうか?

ご存じでした? いくら血液をサラサラにしても、そもそも血の量が足りなければ、意味がないのだとか ©Rachata Teyparsit -123rf

 「血流」とは、心臓から出た血液が全身の血管を巡り、また心臓へ戻る流れのことです。全身を流れる血液は、「水分を保つ」「酸素や栄養を運ぶ」「老廃物や二酸化炭素を回収する」「体温を維持する」「体を守る(免疫力)」といった働きをしています。「血流たっぷり」にするとは、これらの働きをしっかりとできるようにするということです。

 漢方でいう「血流」は、血液もホルモンも栄養もエネルギーも含んだものです。全身の細胞に栄養や酸素、エネルギーまで含めていろいろなものを運んでいる血流が不足すると、体は機能を果たせなくなります。ですから、漢方で「血流を良くする」というのは、血の質を良くするという意味も含んでいます。

 血流は、全身のすべての細胞に酸素や栄養を届けているうえ、脳やホルモンを通じて心の活動をも支えています。だからこそ、血流を改善するだけで、体の不調も心の悩みも解決に向かうのです。

血流を良くするというと、多くの人が「血液サラサラ」を目指しますが、これは必ずしも正しくないのでしょうか?

 「血流が悪い」というと、「血液ドロドロ」と勘違いする人が多いのですが、「血流が悪い=血液ドロドロ」ではありません。確かに糖尿病や心筋梗塞、高脂血症などの生活習慣病を持っている人はドロドロで、そういう人は血液をサラサラにすることが有効ですが、ドロドロうんぬんという以前に、血そのものが不足していて流れないという人も多いのです。

 血が足りない人が血液サラサラ健康法を頑張ると、足りない血流をスカスカの状態で無理やり全身に巡らせることになり、強制的に立ちくらみを起こし続けているようなもの。ふらふらとめまいがしたり、体調を崩したりします。

日経Gooday マイドクター 登録初月は無料!

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について