日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

医療・予防

トピックス

すい臓がんの早期診断マーカー、国がんが発見

検査キットも開発、検診への適用目指す

 大下 淳一=日経デジタルヘルス

 早期発見が難しく、予後不良ながんとして知られる「すい臓がん(膵がん)」。その早期診断につながり得る血液バイオマーカーを、国立がん研究センターが発見した。既に検査キットも開発。臨床での有用性を検討し、膵がん検診用バイオマーカーとしての実用化を目指す。

膵がんを早期にスクリーニング
[画像のクリックで拡大表示]

 国立がん研究センター研究所 創薬臨床研究分野 ユニット長の本田一文氏らが、厚生労働省や日本医療研究開発機構(AMED)の支援を受けて実施したもの。成果の詳細は、英オンライン科学誌「Scientific Reports」に英国時間2015年11月9日付で掲載された。

「膵がん模擬検診」を神戸大学などと開始

 本田氏らのグループは今回、血液中の「アポリポプロテインA2(apoA2)」と呼ぶたんぱく質に着目。そのアイソフォーム(たんぱく質の構造や機能が似通った分子の総称)の血中濃度が、早期の膵がんや膵がんのリスクとなる疾患の患者において、有意に低下することを発見した。

apoA2アイソフォームの血中濃度に有意な差
[画像のクリックで拡大表示]

 今後、膵がん検診用バイオマーカーとしての実用化を目指し、apoA2アイソフォームを使う「膵がん模擬検診」を神戸大学などと開始する。これを通じ、apoA2アイソフォームの検査が早期膵がんや膵がんのリスクとなる疾患を適切にスクリーニングでき、検診として実用化できるかどうかを確認する。検証に使うキットは現時点では研究用試薬だが、体外診断薬としての承認を得ることも目指すという。

期間限定 日経Gooday マイドクター 登録月プラス1カ月無料キャンペーン 2017年9月1日~10月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について