日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

医療・予防

トピックス

死因第3位の「肺炎」は予防できる? できない?

高齢者の肺炎ワクチン接種は約3割、予防意識はまだ低い

 鈴木 英子=ニューズフロント

図1◎ 肺炎に対して抱いているイメージ
[画像のクリックで拡大表示]

 ファイザーは、全国の60歳以上の男女7050人を対象に実施した「大人の予防接種」に関する意識調査(調査期間:2015年7月28日~8月7日)の結果を発表した。それによると、日本人の死因の3位(*)である「肺炎」について、重篤な病気という認識は高いものの、肺炎予防のためにワクチン接種を行っている人は約3割にとどまるという。

 肺炎に対してどのようなイメージを抱いているか尋ねたところ、「死につながる重い病気」(45.8%)との回答が最も多かった。約3人に2人(64.8%)は、今後、自分が肺炎にかかる可能性が「あると思う」と答え(図1)、その理由として「肺炎にかかりやすい年齢になっているため」(59.4%)、「身体の免疫力の低下を感じているため」(36.5%)などが挙げられた(図2)。

図2◎ 肺炎にかかる可能性があると思う理由(肺炎にかかる可能性があると思う人)
[画像のクリックで拡大表示]

*2014年人口動態統計の年間推計による。

マイドクターで相談!

24h、健康相談と医療機関の案内

メンタルヘルス相談(時間制限あり)

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について