日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

医療・予防

トピックス

大流行懸念される「新型ノロウイルス」、なぜ怖い?

国立感染症研究所が異例の「ノロウイルス大流行」の予測を発表した理由

 

新型ノロウイルスは診断キットでは検出できないことがあるという。(©Vitaliy Vodolazskyy 123-rf)

 毎年、秋以降に流行が本格化するノロウイルスだが、国立感染症研究所によると、この秋冬には新型のノロウイルスが大流行する可能性があるといい、いつも以上の警戒が必要だ。

 実は国立感染症研究所がノロウイルスの流行の「予測」を発表したのは今回が初めてのことだ。

 同研究所ウイルス第二部第一室の片山和彦室長によると、ノロウイルスについては毎年9月1日から翌年8月末までを一つのシーズンとし、これまでは新シーズンのスタート後、早い時期に感染者が急増した場合に「ノロウイルスが流行し始めた」という事実を発表していた。

 2015年9月から始まった今シーズンについては11月9日現在、各地で感染者が散見される程度でまだ流行とは言えない状況だ。それでもシーズン前の7月下旬 という早い段階で「例年にない大流行の恐れがある」と予測し、全国の地方衛生研究所にウイルスの分析を徹底するよう注意を呼びかけた。それに加え、今シーズンの始まりには、NHKと厚生労働省を通じて、大規模な流行への注意喚起を行ったのは、それだけ警戒しているということの現れだ。

GⅡ.4からGⅡ.17の時代に?

 大流行が予測されるのは、今シーズンは新型ノロウイルスである「GⅡ.17」という型が主要流行株になる可能性が大きいためだ。

 ノロウイルスについてきちんとしたデータが集められるようになった2005年以降、流行の主要株はずっとGⅡ.4と呼ばれる型だったが、前シーズンの半ばである2015年2月以降、GⅡ.17型がこれに取って代わった。「厳密に言うと、GⅡ.17の仲間はこれまでも年に数例は見られたが、今回のGⅡ.17は実質『新型』と呼んでもいいくらい、過去のものとはかなり違う」(片山室長)という。

 2月はノロウイルスの流行シーズンの終盤時期のため、その後GⅡ.17ウイルス感染者は漸減し、8月にはほぼゼロとなったが、同じ時期に中国でもGⅡ.17が主要株として報告され、また、台湾でも2014年にすでに同じ型が流行していたことが後で分かり、日本でも2015年9月からのシーズンに大きな流行となる可能性が懸念されるようになった。

 実際、今年9月以降、 国内の患者から検出されたウイルスのうち国立感染研究所が調べたもののほとんどは、GⅡ.17型だったという。

期間限定 日経Gooday マイドクター 最大2カ月無料キャンペーン! 2017年4月1日~5月31日

マイドクターで相談!

24h、健康相談と医療機関の案内

メンタルヘルス相談(時間制限あり)

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について