日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

スポーツ・エクササイズ

トピックス

プロ野球初の50歳投手、山本昌の人生を変えたトレーニングとは?

引退した“長寿”投手の挫折と復活

 寺西 芝=日経Gooday

ノーヒットノーランのプロ野球最年長記録保持者、通算219勝、50歳1カ月での先発登板は自らの記録を更新する日本最年長記録。数々の記録を打ち立て、現役を引退するプロ野球中日ドラゴンズの山本昌投手(本名:山本昌広)。前回に続いて、選手としての「長寿」の秘密を探ってみた。

さらなる挫折とその後の出会い

 翌95年はケガに悩まされ、わずか12試合に登板しただけの2勝止まり。この年のオフには左ひざの手術を受けるのだ。

 次に二ケタ勝利(18勝)を挙げる97年まで、山本昌は苦しむことになる。

 そんなとき、鳥取市のトレーニング研究施設「ワールドウィングエンタープライズ」の代表である小山裕史氏に出会う。小山氏といえば、イチローなど一流野球選手のみならず、ゴルフやサッカー、テニスなどの分野でも多くの有名選手が師事していることで知られる人物だ。

 95年、二軍で膝のリハビリをしていたとき、ナゴヤ球場のトレーニングルームに小山氏のワールドウィング社が提供するマシンが導入され、山本昌はその性能にほれ込んでいた。このマシンで体調が確実に上がることを実感し、その年のオフに鳥取に飛んで小山氏を訪ねたのだった。

小山氏の著書『初動負荷理論による野球トレーニング革命』(ベースボール・マガジン社)

 山本昌は小山氏が考案した「初動負荷」と呼ばれるトレーニング理論に出会う。これは、身体の動きの基本を重視し、潜在能力を最大限に引き出すことを目的とした理論とトレーニング法で、これにより、山本昌の膝は完全に回復する。

 小山氏との出会いについて、小山の著書『初動負荷理論による野球トレーニング革命』(ベースボールマガジン社)で山本昌はこう語っている。

 「僕が小山先生と出会ったのは1995年暮れ。左膝を手術した直後のことです。年齢的に30歳を超え、いつまで投げられるのかという将来への不安もあった頃でした」

 小山氏との出会いで山本昌は生まれ変わったとも言える。まず、山本昌の独特のあの投球フォームだ。これまで自分では格好悪いと思っていたフォームを小山氏は「美しい」と褒めたという。小山氏は、山本のフォームに独特の柔軟さを見ていたのかもしれない。

 上記の小山氏の書では「腕の筋肉の柔軟性の増大」「腕の筋肉の弾力性の獲得」という言葉が散見される。柔軟で弾力性のある筋肉を作るという目的が合致したのだろうか。これ以降、小山氏とのトレーニングは続き、山本昌は柔軟性と強さを併せ持つ動きを獲得するようになる。

期間限定 日経Gooday マイドクター 最大2カ月無料キャンペーン! 2017年4月1日~5月31日

マイドクターで相談!

24h、健康相談と医療機関の案内

メンタルヘルス相談(時間制限あり)

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について