日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

スポーツ・エクササイズ

トピックス

メガネ型のセンサー搭載新端末「JINS MEME」をいち早く体験!

ランニングフォームの乱れをセンサーでチェック

 原如宏=ITライター

 「フレームとレンズ込みで4900円(税別)~」という料金体系でお馴染みのメガネブランド「JINS(ジンズ)」を運営するジェイアイエヌから、新コンセプトの製品が登場した。それがセンシング・アイウェアの「JINS MEME(ジンズ・ミーム)」。フレームに頭部の動きを検知するセンサーを搭載したメガネ型のウェアラブル端末だ。

「JINS MEME ES」(税別3万9000円)。有料になるが度付きレンズや、車の運転に適したレンズにも変更できる。
[画像のクリックで拡大表示]
「JINS MEME MT」(税別1万9000円)。激しい動きでもずれにくい。夜間でも使いやすいクリアレンズにも変更可能(税別2000円)。
[画像のクリックで拡大表示]

日常使い用とスポーツ用の2機種を展開

 JINS MEMEのラインアップは2種類。動きの向き、距離、速度を検知できる「6軸センサー」に加え、まぶたなどの動きを検知する「3点式眼電位センサー」搭載の「JINS MEME ES」(税別3万9000円)と、6軸センサーのみを搭載する「JINS MEME MT」(税別1万9000円)。前者は日常使いに向いたモデルであるのに対して、後者はフィットネスに特化したモデルとなる。新たにオープンしたJINS MEMEの旗艦店「JINS MEME フラッグシップストア 原宿」をはじめ、全国38店舗のJINSショップとオンラインショップで2015年11月5日に発売された。

11月5日にオープンしたJINS MEMEの旗艦店「JINS MEME フラッグシップストア 原宿」。
[画像のクリックで拡大表示]
一般的な黒フチフレームのデザインを採用したJINS MEME ES。「JINS MEME フラッグシップストア 原宿」の店頭では、試用ブースが用意されている。
[画像のクリックで拡大表示]

 JINSから「一風変わったウェアラブルデバイスが登場する!」。そんな話を聞きつけ、本サイトでコラム「話題の健康ツール試し斬り」を担当する私、ライターの原がJINS MEMEの報道関係者向け内覧会へと出向いた。詳細なレビューは次回のコラムに回すとして、まずはどういった製品なのかを解説してみたい。

 気になるのは、一体何ができるのか? 普通のメガネと何が違うのか? という点だろう。JINS MEMEといっても、見た目は普通のメガネ、スポーツ用のサングラスと変わらない。違いを感じられるのは、メガネを耳にかけるためにあるテンプル(ツル)の先端部が幅広のデザインになっていることくらいだ。実はここに、6軸センサーやスマートフォンと無線接続するための通信機、本体を起動するバッテリーなどが内蔵されている。

JINS MEMEのテンプル部。先端の幅が広くなり、ここにセンサーやバッテリーなどを搭載する。
[画像のクリックで拡大表示]
JINS MEME ESは、鼻バッド部分に独自開発した「3点式眼電位センサー」を搭載。
[画像のクリックで拡大表示]
テンプル部の先端には充電用のマイクロUSB端子がある。
[画像のクリックで拡大表示]

 少し変わったテンプル部だが、装着してみると普通のメガネ、スポーツサングラスと変わらなかった。重さもJINS MEME ESが約36グラム(度なしUVカットレンズの場合)、JINS MEME MTが約45g。普段、筆者が愛用しているメガネと比べても違和感がない。どちらも1サイズのみの展開だが、多くの人に適合するようにデザインされている。もし、耳に痛みを感じるようなら、パッドなどをテンプル部に貼り付けて調整できるそうだ。

マイドクターで相談!

24h、健康相談と医療機関の案内

メンタルヘルス相談(時間制限あり)

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について