日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

からだケア

トピックス

60歳以降も働くことへの不安、1位は体力?雇用先?

多くの人が仕事探しより自分自身のことを心配している

 鈴木 英子=ニューズフロント

 厚生労働省から「高年齢者の雇用状況」集計結果が2015年10月に公表され、高齢者の雇用環境の整備が進む現状が明らかになる中、味の素がまとめた調査結果によると、40代と50代の6割以上(61.3%)が60歳以降も働きたいと考えている(図1)一方で、多くの人が雇用先の不安より体力面の不安を大きく感じているという(図2)。

図1◎ 60歳以降も働きたいと思うか(40代および50代)
[画像のクリックで拡大表示]

60歳以降も働くことへの不安は「体力」「健康」

 調査は、全国の40〜70代の男女2000人を対象にインターネットでアンケートを実施した。60歳以降も働くとしたらどんな不安があるか聞くと、1位は「体力的に続けられない」(57.0%)、2位は「健康を維持する」(39.2%)、3位は「ストレスが溜まる/精神的に疲れる」(32.1%)となり、「雇用先が見つからない」(30.2%)や「自分に向いている仕事がない」(25.4%)を上回った(図2)。

図2◎ 60歳以降も働くとしたらどんな不安があるか(全体)
60歳以降も働くとしたらどんな不安があるか(全体)
[画像のクリックで拡大表示]

 年代別で見ると、40代と50代は1位の「体力的に続けられない」が7割近く(それぞれ67.7%と66.6%)にのぼり、他の不安を大きく引き離した。

期間限定 日経Gooday マイドクター 最大2カ月無料キャンペーン! 2017年4月1日~5月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について