日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

からだケア

トピックス

来春の花粉飛散数「東京は今年並み、大阪は2倍」

東北地方の太平洋側を除き、例年と同じか少ない傾向に

 鈴木 英子=ニューズフロント

 日本気象協会は10月7日、2016年春の花粉飛散予測(第1報)を発表した。それによると、スギおよびヒノキ(北海道はシラカバ)の花粉の飛散数は前シーズン(今春)並みかそれ以上になる地域が多く、西日本はほとんどの地域で前シーズンを上回る見込みという。

花粉飛散が少なかった今年に比べると来春は多くなると予測

 2015年春のスギおよびヒノキ(北海道はシラカバ)花粉の総飛散数は、西日本を中心に少なく、東北地方では多かった。2016年春の飛散数が今年と比べて多くなると予測されるのは、東海地方、近畿地方、四国地方、九州地方で、中でも四国地方および九州地方は約1.5倍の飛散数になる見込み。東海地方と近畿地方はやや多くなり、今年飛散数の少なかった大阪はおよそ2倍近くに増えると見られる(図1)。

 関東甲信地方や中国地方はほぼ今年並みの花粉飛散数と予測され、東京は今年と同程度になる見込み。北海道や東北地方、北陸地方は今年よりやや少ないと予測している。

図1◎ 2016年春の花粉飛散数予測(前シーズン比)
[画像のクリックで拡大表示]
期間限定 日経Gooday マイドクター 登録月プラス1カ月無料キャンペーン 2017年9月1日~10月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について