日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > トピックス  > 時短筋トレ「HIIT」でお尻を鍛えて、運動パフォーマンスを上げる
印刷

トピックス

時短筋トレ「HIIT」でお尻を鍛えて、運動パフォーマンスを上げる

話題の筋トレ「HIIT」 部位別編(3)

 

 自転車競技の日本のオリンピック選手のトレーニングから人気に火がつき、本サイトでも「1日4分! 話題の筋トレ『HIIT』で体脂肪が落ちる」で紹介して大反響のあった高強度インターバルトレーニング「HIIT(ヒート)」。今では世界中でさまざまなプログラムが登場しているが、今シリーズでは「二の腕」「おなか」「お尻」の部位別HIITを3回に分けて紹介する。第1回「二の腕」第2回「おなか」に続いて紹介するのは「お尻」の鍛え方だ。

(イラスト 平井さくら)

 お尻は、脂肪に覆われて曖昧になった太ももとの境目をはっきりさせることからスタート。この部分の脂肪を削るだけで、多くの女性には嬉しいことに、お尻のシルエットが強調され、ヒップアップの効果が期待できる。また、お尻は適度についた脂肪も魅力の1つ。柔らかい脂肪を残しつつ、筋肉を「寄せて、上げる」ことで、まあるく張りのあるヒップを手に入れよう。

 ヒップアップに関心があるのは女性だろうが、もちろん、この筋トレは男性にも効果アリ。「お尻を鍛えることは股関節の強化につながります。『踏ん張る』などの動作がしやすくなり、運動のパフォーマンスも向上します」(日本体育大学准教授の岡田隆さん)

お尻のHIITプログラム

【1】後ろ脚上げ ~ヒップと太ももとの境目をくっきり~

主に刺激するのはハムストリングスの外側。脚を後ろへ振り上げるときは、高く上げるのではなく、足の甲をしっかり伸ばし、つま先を外側に向けながら動くことが大切。

(イラスト 平井さくら)
[画像のクリックで拡大表示]

1/2 page

最後へ

次へ

BACK NUMBERバックナンバー

バックナンバーをもっと見る

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 突然死を招く「高血圧」 “少し高め”でも放置は危険!

    日本人の40代男性の約3人に1人、50代男性では約3人に2人が該当するといわれ、女性でも更年期以降に増加する「高血圧」。「少し高いだけだから」と思って対策を先延ばしにしていると、血管の老化が進み、脳卒中や心筋梗塞などの命にかかわる合併症を引き起こすほか、ヒートショックによる突然死などの原因にもなる。高血圧はなぜ怖いのか。そして、どうすれば血圧は下がるのか。本特集で最新情報をアップデートしておこう。

  • 長年の悩み「腰が痛い」を解決する

    男女とも非常に多くの人が悩むのが「腰痛」だ。ぎっくり腰のように、痛みは強いが原因が分かりやすいものは対策しやすいが、問題なのは原因がはっきりしない、「なんだか知らないけど、いつの間にか…」始まってしまう慢性腰痛。長年にわたって悩む人も少なくない。だが、この10年で腰痛治療は大きく変わった。

  • 痛風・尿酸値の「そこが知りたい」

    多くの男性が気にする「痛風」、そして「尿酸値」。「プリン体を抑えた発泡酒などを選べばいい」「魚卵、レバーはダメ」など、いろいろな“常識”が知られているが、これらの常識がすべて正しいわけではない。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間
明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.