日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

ダイエット・食生活

トピックス

日本人が最も食べている野菜は?

「にんじん嫌い」はむかしの話

 鈴木 英子=ニューズフロント

 厚生労働省は、日本人の野菜摂取状況に関する分析結果をランキングにまとめ、発表した。それによると、日本人が最も多く(重量)食べている野菜は「だいこん」だった(図1)。

図1◎ 日本人における野菜の摂取量ランキングTOP20
[画像のクリックで拡大表示]

 同ランキングは、2012年の「国民健康・栄養調査」のデータをもとに、1歳以上の男女3万2228人が摂取した野菜の量を解析したもの。なお国民健康・栄養調査は11月のある1日の摂取量を対象としており、通年の食生活状況を反映するものではない。また、ジュース類や加工品の量は含まない。

 だいこんは、1日当たりの摂取量が1人平均33.8gだった。2位は「たまねぎ」(平均摂取量は31.6g)、3位は「キャベツ」(同26.9g)となった。以下「白菜」(同21.3g)、「にんじん」(同20.4g)、「ほうれん草」(同14.3g)、「トマト」(同13.0g)、「きゅうり」(同9.3g)、「かぼちゃ」(同8.6g)、「レタス」(同8.3g)と続く。

にんじん嫌いはもう古い?

 摂取者数別で見ると、最も多くの人が食べている野菜は「にんじん」(食べている人の割合は77.3%)だった。次いで「たまねぎ」(同64.6%)、「だいこん」(同50.6%)、「キャベツ」(同45.9%)、「根深ねぎ」(同38.0%)の順となった。

 厚労省は、同ランキングを参考に、自身の食生活を振り返り、いろいろな野菜を組み合わせて「毎日プラス1皿の野菜」(70~80g程度)を実践するよう呼びかけている。

日経Gooday マイドクター 登録初月は無料!

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について