日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

からだケア

トピックス

海外渡航中の健康トラブル…見落としがちな備えとは?

持参薬の基本は3種類、「日本人特有のアレ」にも備えよ

 田村知子=フリーランスエディター

 海外旅行や出張に出かけるとき、多くの人は海外旅行保険に加入し、目的地によっては感染症対策のために予防接種を受けるなどの準備をしているだろう。しかし、旅行医学を専門とする千駄ヶ谷インターナショナルクリニックの篠塚規院長は「実際にはもっと必要な備えがある」と指摘する。海外での体調不良に備えるためにはどんな薬を持参すればいいのか。万が一、命に関わるような病気を発症した場合はどうすればいいのかなど、海外渡航時の健康トラブルに対応するための備えを篠塚院長に伺った。

「予防接種を受け、保険に入れば安心」と思っていないだろうか(c)Leung Cho Pan-123rf

持参薬の基本は3種類、「日本人特有の下痢」にも備える

日本とは環境の異なる海外へ出かけるとき、ちょっとした体調不良に自分で対処するためには、どんな薬を持参しておくといいでしょうか。

 海外旅行時に想定される体調不良は、風邪やインフルエンザ、胃腸炎、下痢といったものが一般的です。ですから、日本で使い慣れた風邪薬、頭痛や発熱、歯痛などに対処できる鎮痛薬、胃腸薬の3種類を持参しておくといいでしょう。

 そのほか、持病のある人は普段飲んでいる常用薬を、旅行日数分に加えて、7日分程度を予備として用意しておくと安心です。飛行機の遅延や欠航、災害など不測の変更時に役立ちます。

海外では下痢をよく起こしがちです。細菌などの病原体の感染を防ぐには、生水や火の通っていない食べ物は口にしない、氷の入った飲み物は避けるといった注意がよく知られていますが、そのほかにも有効な予防法はありますか。

 海外、特に衛生的な環境が整っていない国や地域では、細菌などによる感染性の下痢を起こすことがあるので、そうした注意が必要です。ただ、日本人の場合は、ハワイや米国本土、ヨーロッパへ行っても、3日もすると多くの人が下痢を起こしたり、軟便の回数が増えたりします。いわば、「日本人特有の下痢」があるんですね。

 それは、「食事と水の違い」から起こる下痢です。日本の食事は油分や脂肪分が少ないのですが、海外での食事はいずれの場所でも、日本よりも油分や脂肪分が多い食事になります。また、日本の水はほとんどがカルシウム・マグネシウムの含有量が少ない軟水ですが、ヨーロッパや北米などの大陸系の国や地域は、カルシウム・マグネシウムを多く含む硬水が一般的です。医療では酸化マグネシウムが下剤として使われているように、マグネシウムは下剤のような働きをすると考えられます。この日本人には慣れない油分の多い食事と硬水が相まって、数日もすると下痢を起こしやすくなるのです。

なるほど、確かにそうですね。そうした日本人特有の下痢を防ぐにはどうすればいいでしょう。

 それには、プロバイオティクス(生きたまま腸に届いて増殖し、体に良い影響を及ぼす微生物)をとること、つまり乳酸菌整腸剤などで腸内の善玉菌を強化しておくことが有効です。日本ではさまざまな乳酸菌整腸剤が市販されていますが、その中でも消化酵素剤の入ったものが、脂っこい食事対策には適しています。

 2002年の日本旅行医学会の立ち上げの頃、いろいろな乳酸菌整腸剤を買って試したところ、消化酵素剤が入った「パンラクミン錠」(第一三共ヘルスケア)の有用性が確認できたため、私はこの乳酸菌整腸剤を予防的に飲むことを勧めていますが、それ以降に発売されたものもあると思うので、他にも有用なものはあるかもしれません。

下痢を起こしてしまった場合に備えて、粉末のスポーツドリンク剤などイオン飲料も用意したほうがいいでしょうか。

日経Gooday マイドクター 会員限定記事が読み放題! 登録初月は無料! 登録は今すぐ!

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について