日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

からだケア

トピックス

腰痛の軽減がココロに及ぼす影響とは?

“腰痛持ち”はシニアより30~40代に多く

 鈴木 英子=ニューズフロント

 「ショップジャパン」を運営するオークローンマーケティングは、腰痛経験のある全国の20~60代の男女300人を対象に実施した、腰痛に関する意識調査(調査期間:2015年8月14日~16日)の結果を発表した。それによると、腰痛の軽減に成功した人の4人に1人は寝相の改善やダイエット効果を実感し、2人に1人は心にもプラスの影響が見られるという。

 実践した腰痛軽減方法に効果を感じた人に、腰痛が軽減した後の体の変化を尋ねたところ、「寝相が良くなった」(26.8%)、「体重が減った」(25.2%)、「若々しくなった」(24.4%)、「むくみが軽減した」(24.4%)が上位に挙がった。心の変化では、半数以上が「気持ちが明るく前向きになった」(64.2%)、「アクティブになった」(52.0%)と答えた。(図1)

図1◎ 腰痛が軽減した後の身体と心の変化
[画像のクリックで拡大表示]

 現在腰痛がある人の年代別割合は、20代が50.0%で、30代は58.3%、40代は55.0%と半数を超える。一方、50代は43.3%、60代は25.0%と減少し、年代が高い人より身体や体力の変化を感じ始める30~40代の方が、現在の腰痛を持っている割合が高いことが分かった(図2)。

図2◎ 現在腰痛を持っている割合
[画像のクリックで拡大表示]
日経Gooday マイドクター 会員限定記事が読み放題! 登録初月は無料! 登録は今すぐ!

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について