日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

医療・予防

トピックス

がんの5年相対生存率は64.3%、「肝臓」と「肺」の低さ目立つ

177施設約17万症例、全国規模での分析は初

 鈴木 英子=ニューズフロント

 国立がん研究センターは9月14日、全国のがん診療連携拠点病院の登録データをもとに、がんと診断された場合に治療でどのくらい生命を救えるかを示す相対生存率を分析した結果を発表した。

「肝臓」と「肺」の5年相対生存率は4割を下回る

 5年相対生存率とは、あるがんと診断された場合に、治療でどのくらい生命を救えるかを示す指標。あるがんと診断された人のうち、5年後に生存している人の割合が、同じ年齢・性別の日本人全体で5年後に生存している人の割合に比べてどの程度かで表す。

表1◎ 2007年生存率集計について(国立がん研究センター がん対策情報センターによる)
2007年生存率集計について
[画像のクリックで拡大表示]

 主要の5部位(胃、大腸、肝臓、肺、乳房)別で見ると、「胃」が71.2%、「大腸」が72.1%、「肝臓」が35.9%、「肺」が39.4%、「女性乳房」が92.2%となり、肝臓と肺が目立って低い数値を示した。ちなみに、100%に近いほど治療で生命を救えるがん、0%に近いほど治療で生命を救い難いがんであることを意味する。

 すべての部位を含む、がん全体の5年相対生存率は64.3%で、男女別では男性が60.7%、女性が69.3%と、女性の方がやや高い。

 調査は、全国293施設で2007年にがんと診断された症例を対象に実施した。このうち患者の90%以上の生存状況を把握できたなどの条件を満たした177施設から16万8514症例のデータを集計した。

「肝臓」と「肺」では都道府県別でのバラつきが大きい

 主要部位ごとの5年相対生存率を都道府県別で見ると、「胃」で最も高いのは東京都の78.8%、最も低いのは群馬県の60.9%だった。「大腸」は香川県の79.6%が最も高く、青森県の63.0%が最も低い。「肝臓」の最高値は富山県の51.3%、最低値は香川県の22.6%。「肺」の最高値は長崎県の50.7%、最低値は沖縄県の20.0%となり、特に「肝臓」と「肺」は都道府県によって大きな開きがある。

 「女性乳房」で5年相対生存率が最も高いのは長野県の96.1%、最も低いのは青森県の81.1%と、都道府県間のばらつきが比較的少なかった。

 なお山梨県、三重県、奈良県、岡山県、徳島県、宮崎県、鹿児島の7県は、集計対象施設が1施設以下のため都道府県別5部位の比較から除外し、滋賀県と沖縄県は「肝臓」において対象データが50件以下のため除外した。

期間限定 日経Gooday マイドクター 登録月プラス1カ月無料キャンペーン 2017年9月1日~10月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について