日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

からだケア

トピックス

意外?納得?シニアの健康管理、スマホ活用率の実態

記録方法で重視したいのは操作が簡単ですぐに見られる点

 鈴木 英子=ニューズフロント

 モバイルに特化した調査研究機関であるMMD研究所は、スマートフォンを利用している60歳以上の男女883人を対象に実施した「シニア世代のスマートフォン利用動向調査」(調査期間:2015年6月16日~17日)の結果を発表した。それによると健康記録にスマートフォンを活用しているシニアユーザーはほぼ1割以下にとどまるが、今後記録を付けるにあたっては、特に最大2割がスマートフォンの活用を考えている。

 現在実行している健康関連データの記録方法を聞いたところ、「スマートフォン」に記録している割合は、「運動記録」については11.7%、「体重」は7.1%、「通院」は8.9%で、「血圧」「体温」「食事」「服薬」は5%に満たなかった(図1)。

図1◎ 現在行っている健康記録方法
現在行っている健康記録方法
[画像のクリックで拡大表示]

これからスマホで記録したいことは「体重」「運動」「血圧」

 いずれの項目も「つけていない」との回答が6割以上を占め、特に体温、食事、服薬については9割前後が記録していない。血圧では「手帳」(9.2%)が最多で「パソコン」(8.6%)が続き、体重は「パソコン」(8.0%)が最も多い。通院記録はスマートフォンとほぼ並んで「カレンダー」(8.8%)、続いて「手帳」(7.8%)が多かった。

 今後つけていきたい健康記録方法を聞いたところ、「つける予定はない」との回答を除くと、いずれもスマートフォンが1位となった。中でも「体重」「運動記録」「血圧」についてはそれぞれ20.0%、19.0%、18.9%がスマートフォンでの記録意向を示した(図2)。

図2◎ 今後行いたい健康記録方法
今後行いたい健康記録方法
[画像のクリックで拡大表示]
期間限定 日経Gooday マイドクター 最大2カ月無料キャンペーン! 2017年4月1日~5月31日

マイドクターで相談!

24h、健康相談と医療機関の案内

メンタルヘルス相談(時間制限あり)

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について