日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

からだケア

トピックス

40代以上の半数が答えた「眠りたいのに眠れない原因」とは?

生活習慣病の人ほど「不眠症または不眠症の疑い」の割合が高く

 鈴木 英子=ニューズフロント

 医療用医薬品・器機を手がけるMSDは、中高年の不眠に関する意識・実態調査(調査期間:2015年7月9日~11日)の結果を発表した。それによると中高年の6割以上が何らかの不眠症状を経験し、生活習慣病患者ではその割合は7割を超える。

 「眠れない(不眠)」というと、なかなか寝付けない「入眠困難」を思い浮かべることが多いが、夜中に目が覚めてその後なかなか眠れない、あるいは夜中に何度も目が覚める「中途覚醒」、朝早すぎる時間に目が覚めてしまう「早朝覚醒」を合わせた主に3つの不眠症状がある。

 40代~70代の男女8000人に、過去1カ月の睡眠において週1回以上該当する不眠症状があるか尋ねたところ、62.0%に何らかの不眠症状が見られた。中途覚醒と早朝覚醒のいずれか、または両方を有する「睡眠維持力の低下」は55.0%にのぼり、18.1%が3つの不眠症状すべてを抱えている(図1)。

図1◎ 過去1カ月の睡眠において週1回以上経験した不眠の症状
過去1カ月の睡眠において週1回以上経験した不眠の症状
[画像のクリックで拡大表示]

眠れない原因は?

 不眠の症状が1つでもある人に、眠りたいのに眠れない原因について聞くと、「不安や興奮、緊張やストレス、考え事などで眠れない」(50.8%)が最も多く、「日中、十分に活動していないため疲れておらず、眠れない」(17.6%)や「生活のリズムが不規則で眠れない」(15.7%)を大きく上回った(図2)。

図2◎ 眠りたいのに眠れない原因は(不眠症状が1つ以上ある人)
眠りたいのに眠れない原因は(不眠症状が1つ以上ある人)
[画像のクリックで拡大表示]
期間限定 日経Gooday マイドクター 登録月プラス1カ月無料キャンペーン 2017年9月1日~10月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について