日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

からだケア

トピックス

意外! 睡眠不足は肥満の要因?

睡眠時間が短いとBMI値が高い傾向明らかに

 鈴木 英子=ニューズフロント

 ドコモ・ヘルスケアは、同社の健康プラットフォーム「WM(わたしムーヴ)」に蓄積されたデータをもとに調査・分析(調査期間:2014年8月1日~2015年7月31日)を実施し、その結果から、睡眠時間が短いと太りやすい傾向があることを発表した。

 WMは、リストバンド型活動量計「ムーヴバンド2」が計測した歩数、移動距離、消費カロリー、睡眠時間、睡眠状態などのライフログを分析・予測するサービス。ムーヴバンド2を利用している10代~80代の男女約1800人分のデータのうち、入眠時間および起床時間から算出した睡眠時間と、身長および体重データから算出したBMI値に着目し、その相関関係を調べた。

 男性は睡眠時間が平均6時間以上8時間未満でBMI値が25.2と最も低く、女性は睡眠時間が平均7時間以上8時間未満の人でBMI値が22.6と最も低い。これより短い睡眠時間の場合、男女ともBMI値がより高くなる傾向が見られ、睡眠時間が平均3時間以上4時間未満では男性のBMI値は27.7、女性は26.2に上昇する(図1)。

図1◎ 平均睡眠時間とBMI値
[画像のクリックで拡大表示]

 ちなみに、日本肥満学会の定めた肥満に関するBMI値基準では、BMI値が18.5未満は「痩せ型」、18.5以上25未満は「普通」、25以上は「肥満」としている。

期間限定 日経Gooday マイドクター 最大2カ月無料キャンペーン! 2017年4月1日~5月31日

マイドクターで相談!

24h、健康相談と医療機関の案内

メンタルヘルス相談(時間制限あり)

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について