日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

ダイエット・食生活

トピックス

機能性表示食品、「知っているけど買ってない」

食品の栄養に関する意識調査(3)

 小泉なつみ=フリーライター

 今年4月から「機能性表示食品」制度がスタート。「特定保健用食品」、いわゆる「トクホ」より低いハードルで食品がもたらす効能や機能を表示できるようになったことで、市場には様々な効果を謳った商品が参入している。
 そこで日経Goodayでは、ビジネスパーソンを中心とする消費者が食品の栄養表示について一体どれほど意識しているのかを大調査。2回にわたってお伝えしてきた(第1回は「『味』vs『カラダへの良さ』、食品選びでどちらを重視?」、第2回は「ビジネスパーソンが食品に求める効用、1位は『○○力』UP」)。
 最終回となる今回のレポートでは、現時点での機能性食品の認知度と、実際にどのくらいの人が活用しているのかを調べた。

【調査概要】 食品の栄養表示に関するアンケート
  • 調査期間:2015年7月22日(水)~2015年8月7日(金)
  • 調査媒体:日経Gooday(グッデイ)、日経ウーマンオンライン
  • 有効回答総数:257(男性99人、女性158人)

80%以上の人が機能性表示食品を認知

 まずは開始されたばかりの機能性表示食品についてどれだけの人が知っているのか、グラフ1を見てみよう。

【グラフ1】
[画像のクリックで拡大表示]

 結果は、「制度名は知っていたが内容はよく知らなかった」と回答した人も含めると、全体の80%以上が機能性食品について認知。トクホとの差まで認識している熟知派は約15%で、内容について大体知っているという人と、名前だけ知っているという人が、それぞれ約3割という内訳になった。

 程度の差こそあれ、徐々に浸透しはじめている機能性食品。ではこの新たな制度について、本当のところ皆はどう感じているのか。その結果がグラフ2である。

【グラフ2】
(%)
[画像のクリックで拡大表示]
日経Gooday マイドクター 登録初月は無料!

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について