日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

医療・予防

トピックス

本当に恐い母乳のネット購入

汚染に加え、様々な病原体もノーチェックで混入

 大西淳子=医学ジャーナリスト

 「母乳は乳児にとって完璧な栄養だから、生後6カ月までは極力母乳で育てることが望ましい」

 そう言われても、それができない母親は少なくありません。出産すればだれでも、乳児の成長に必要な量の母乳が出るわけではなく、また、何らかの理由で早期に断乳を余儀なくされる場合もあります。

 そんな時、日本では安全な粉ミルク(乳児用調製粉乳)が利用できます。市販されている粉ミルクは、原料である牛乳の成分を強化、除去などして、組成を母乳に近づけ、衛生的な環境で製造されている、優れた代替品です。

行き過ぎた母乳神話に支えられる母乳売買

病原体のチェックも厳重な品質管理もされていないネット販売の母乳を子どもに与えるのは危険です。(©evan66-123rf)

 先頃、日本でインターネットでの母乳の売買が行われているという新聞報道がありました。記事にはネット販売されている母乳の質の低さを示す検査の結果も載っていました。しかし、この報道の後も、ネットでの母乳売買は続いています。

 確かに母乳には粉ミルクに優る利益があります。母乳は粉ミルクより効率よく消化吸収され、ミルクには含まれていない、生きた白血球や、免疫物質、消化酵素、生体活性物質などを含みます。さらに近年、母乳育児の効果は成長後にも見られる、という報告が相次ぎました。母乳で育った子どものほうが、認知機能が高い、特定の病気を発症しにくい、成人後に肥満や高血圧などになりにくい、といった研究結果です(*1)。

 そのせいか、母乳信仰に翻弄される母親が世界的に増えており、並行して母乳のネット売買が盛んになっているようです。しかし、この事態に心を痛める専門家も少なくありません。ネットで販売されている母乳には、子どもの健康を大きく損なう危険性があるからです。

搾乳され凍結保存されているだけ、高い汚染リスク

 英国医師会(BMA)が発行している専門誌「British Medical Journal(BMJ)」で、英国London大学のSarah Steele氏らが、インターネットで販売されている母乳の問題点を概説しています(BMJ誌電子版2015年3月24日付 *2)。

 以下は、Steele氏らの主張の要点です。

*1  WHO. Evidence on the long term effects of breastfeeding, 2007 http://whqlibdoc.who.int/publications/2007/9789241595230_eng.pdf
*2 Steele S, et al. Risks of the unregulated market in human breast milk. BMJ 2015;350:h1485 doi: 10.1136/bmj.h1485
期間限定 日経Gooday マイドクター 最大2カ月無料キャンペーン! 2017年4月1日~5月31日

マイドクターで相談!

24h、健康相談と医療機関の案内

メンタルヘルス相談(時間制限あり)

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について