日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

医療・予防

トピックス

夫は出産に立ち会うべき? 若年層ほど肯定的

「イクメン」「父親学級」の浸透が大きく影響か

 鈴木 英子=ニューズフロント

 リクルート ブライダル総研が、夫婦のライフイベントの1つでもある「出産」をテーマに集計したアンケート(調査期間:2015年3月27日〜31日)結果によると、既婚男女の4人に1人が「夫は出産に立ち会うべき」と考えているという。さらに、若年層ほどその傾向が高く、また男性の方が女性より立ち会い出産に肯定的であることが分かった。

 ブライダル総研は、夫婦関係の状況について把握するために、全国の既婚者(2000人)と離婚経験がある独身者(938人)の約3000人を対象に「夫婦関係調査2015」を実施。立ち会い出産についての回答を集計し、まとめた。

イクメンブーム? 男性の方が女性より立ち会い出産に肯定的

 20〜60代の既婚男女に、「出産には必ず夫も立ち会うものだ」と思うか尋ねたところ、24.1%が「そう思う」と回答し、男女別では男性の方が女性よりその割合が多かった。また女性は「そう思わない」(41.1%)が「そう思う」(19.4%)の2倍以上と否定派の方が多いのに対し、男性は「そう思う」(29.0%)が「そう思わない」(28.9%)をわずかに上回った(図1)。

図1◎ 夫は必ず出産に立ち会うべきだと思うか(全体/男女別)
夫は必ず出産に立ち会うべきだと思うか(全体/男女別)
[画像のクリックで拡大表示]
日経Gooday マイドクター 会員限定記事が読み放題! 登録初月は無料! 登録は今すぐ!

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について