日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

医療・予防

トピックス

大腸がんの患者数、男性で初めて1位に

女性でも乳がんとともに大腸がんの増加が顕著

 鈴木 英子=ニューズフロント

 国立がん研究センターが、全国のがん診療連携拠点病院における診療実績を集計した結果によると、男性のがんでは、2007年に集計を開始して以来初めて、大腸がんが1位になった。

 今回が7回目となる同集計では、拠点病院409施設を対象に、2013年1月1日~12月31日の1年間の診療実績をまとめた。2013年に、自施設でがんと診断、または他の病院で診断されたのち自施設を初めて受診した、すべてのがんおよび脳腫瘍の患者数を示す「全登録数」は、前年から4万2895例増え、65万6272例に達した。

男性では初めて大腸がんがトップに

 男性の5大がん(胃、大腸、肝臓、肺、前立腺)では「大腸」が「胃」を初めて上回り、女性の5大がん(胃、大腸、肝臓、肺、乳房)では「乳房」と「大腸」の増加が他の部位より著しい傾斜を示した。「肝臓」は男女とも2010年以降、やや横ばい傾向が続いている。

 男女の部位別登録数を見ると、男性は「大腸」(5万4601例)が最も多く、次いで「胃」(5万2807例)、「前立腺」(5万257例)、「肺」(5万255例)、「肝臓」(1万7266例)の順となった。前年と比べた増加率も「大腸」が8%増とトップで、「肺」が6%増、「胃」が4%増、「前立腺」が4%増、「肝臓」が3%増だった(図1)。

図1◎ 男性の部位別登録数
男性のがん部位別登録数
[画像のクリックで拡大表示]
期間限定 日経Gooday マイドクター 最大2カ月無料キャンペーン! 2017年4月1日~5月31日

マイドクターで相談!

24h、健康相談と医療機関の案内

メンタルヘルス相談(時間制限あり)

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について