日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

からだケア

トピックス

上司が部下に厳しい部署ほど「高ストレス者」が多い

高ストレス者比率は男性よりも女性、若手従業員ほど高い

 鈴木 英子=ニューズフロント

 社員と組織の生産性向上を支援する会社ピースマインド・イープの調査研究機関である国際EAP研究センターは、高ストレス者の傾向について調査(2014年5月~10月)分析を行った。その結果から、上司の部下への対応に課題がある職場ほど、高ストレス者の比率が高まることが分かった。

今年12月から企業にストレスチェック実施が義務付けられる

職場のメンタルヘルス対策のため、今年12月から企業はストレスチェック実施が義務付けられる。(©Edvard Nalbantjan-123rf)

 労働安全衛生法の改正により、今年の12月から、企業は年1回以上ストレスチェックの実施が義務づけられる。ストレスチェックとは、労働者に質問に答えてもらい、回答結果をもとにストレス状況を把握する質問調査のこと。ストレスチェックを受けた従業員の中から高ストレス者が選定され、さらに面接指導が必要な従業員が判定される。面接指導対象者に判定された従業員が申し出た場合、企業は医師による面接指導を実施しなければならない。

 今回の調査分析は、ストレスチェック義務化後に面接指導が必要と判断される高ストレス者の比率や傾向を把握することを目的に実施した。ピースマインド・イープの職場環境およびストレス度評価ツールを利用した企業から抽出した約3万8000人分のデータをもとに分析。判定には、厚生労働省による「労働安全衛生法に基づくストレスチェック制度実施マニュアル」で示されている基準を適用した。

「部下への対応」の違いで、高ストレス者の比率が10倍に!?

 職場の環境と高ストレス者比率の関係について分析したところ、「上司のリーダーシップ」「上司の公正な態度」「ほめてもらえる職場」「失敗を認める職場」といった、上司の部下対応に関する項目で、「改善が必要」とされた職場では高ストレス者比率が約30~40%と高い数値を示した。これら項目で「良好」とされる職場では高ストレス者比率は約2~4%にとどまり、約10倍の差が出ていることが確認された(図1)。

図1◎ 上司の部下対応と高ストレス者比率の関係(N=3万8028)
上司の部下対応と高ストレス者比率の関係
[画像のクリックで拡大表示]
期間限定 日経Gooday マイドクター 最大2カ月無料キャンペーン! 2017年4月1日~5月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について