日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

医療・予防

トピックス

屋外でマダニに刺されると牛肉アレルギーに!?

海や山のレジャーがきっかけになる「遅発性アナフィラキシー」の怖さ【その1】

 大西淳子=医学ジャーナリスト

 「食物アレルギーは子どもの病気」と思っていませんか。また、重症の食物アレルギー患者を時として死に至らしめるアナフィラキシーについては、「原因となる食物を食べた直後に呼吸困難になって、救急車が間に合わなければ死亡する病気」と考えていませんか。

 近年、そうしたイメージを覆す、「遅発性アナフィラキシー」の患者が日本でも見られるようになりました。患者はほとんどが成人で、思いもかけない経緯をたどって、牛肉や納豆に対するアナフィラキシーを発症するようです。遅発性アナフィラキシー、人ごとではありません。

食物アレルギーとは

 最初に食物アレルギーについて簡単に説明します。特定の食物に対して体の免疫系が過剰に反応するために、蕁麻疹、下痢、嘔吐、咳、呼吸困難などの症状が現れる病気を食物アレルギーといいます。過剰反応を起こすかどうかには、持って生まれた体質が大きく関係しており、同じ食物に何度接触してもアレルギー症状を起こさない人も多くいます。

 特定の食物を食べるたびに症状が出るようになるまでには、原因となる食物との接触が複数回必要です。食べる以外に、粉末を吸い込む、皮膚または粘膜に付着する、といったルートでも食物アレルギーになることがわかっています。「これまで食べても異常がなかったから、この食品ではアレルギーは起こさない」とは言い切れないのが食物アレルギーの怖いところです。

アナフィラキシーとは

 食物アレルギーに特徴的な、蕁麻疹などの「皮膚症状」、呼吸困難などの「呼吸器症状」、唇の腫れなどの「粘膜症状」、嘔吐や下痢などの「消化器症状」のいずれか2つ以上が発生した場合をアナフィラキシーと呼び、さらに死亡の危険性がある血圧低下などの深刻な症状が現れると、アナフィラキシー・ショックと判断されます。

遅発性アナフィラキシーとは

 アナフィラキシーは通常、原因となる食物を口にして数分後から2時間以内に発生するため、直前に食べたものの中から原因を探すことになります。しかし遅発性の場合には、6時間程度から半日以上経過してから症状が現れるため、食事と症状の関係に気づくことは容易ではありません。そうした遅発性アナフィラキシーを引き起こす食物として近年注目を集めているのが、獣肉(牛肉や豚肉)と納豆です。

期間限定 日経Gooday マイドクター 最大2カ月無料キャンペーン! 2017年4月1日~5月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について