日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

からだケア

トピックス

意外に知らない!オリーブオイルに関する8つの誤解

オリーブオイルの健康的な選び方、使い方

 神谷真規子=フリーライター

オリーブオイルの色と品質は関係がある?(©Charlotte Lake /123RF.com)

 ヘルシーなオイルの先駆けとして、いまや日本人の食卓にも欠かせない存在となった、オリーブオイル。サラダや炒め物などに活用している人も多いが、「料理を週1~2回以上する人」を対象にした意識調査をしたところ、その選び方や使い方に間違った認識を持つ人が意外に多いことが分かった。

 調査はオリーブオイルの国際協定を管理する政府間機構で、主にEU諸国や中東、北アフリカの国々などが加盟するインターナショナル・オリーブ・カウンシル、以下IOC、本部:スペイン、マドリード)による「Believe in Olive Oil(オリーブオイルのちから)」キャンペーン事務局が実施したもの。アンケート結果を基に、ありがちな誤解を浮かび上がらせるとともに、オリーブオイルを効果的かつ美味しく食べるための正しい知識と活用法を聞いてみた。

※アンケートはインターネット調査によるもの。調査期間2015年6月24日~30日、有効回答数2211人(内男性1159人/女性1052人)

誤解1 もっとも純度の高いオリーブオイルは「ピュアオリーブオイル」である

誤解率77.8%

 「ピュアオリーブオイル」=「もっとも純度が高い」「最高品質である」などと思っている人は多いが、IOCが定める、もっともグレードが高い品質規格は「エキストラバージン・オリーブオイル」である。

 IOCでは、化学分析(酸度、過酸化物価、紫外線吸収値、脂肪酸、純度などを検査)と、テイスターによる感覚分析による官能検査をもってその品質を9段階(「オリーブオイル」が「バージン・オリーブオイル」4種と「精製オリーブオイル」の計6段階、「オリーブポマース・オイル」が3段階)に分類。そのうち「バージン・オリーブオイル」に分類されるものはすべてオリーブの果実のみを原料(オリーブの果実100%)としているので、どれが一番純度が高いかといったことは言えない。ただ、酸度が低いほど良質とされており、バージン・オリーブオイルの中でも酸度0.8%以下の「エキストラバージン・オリーブオイル」が最高品質となる。

 「ピュアオリーブオイル」という呼称はIOC規格にはないが、品質としては「バージン・オリーブオイル」ではなく「オリーブオイル」に該当。「オリーブオイル」とは、精製したオリーブオイルにバージン・オリーブオイルをブレンドした酸度1%以下のオイルを指す。精製したオリーブオイルを使っているので、もっとも純度が高いとはいえない

期間限定 日経Gooday マイドクター 最大2カ月無料キャンペーン! 2017年4月1日~5月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について