日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > トピックス  > しつこい疲れは副腎疲労? 副腎を元気にする食事法
印刷

トピックス

しつこい疲れは副腎疲労? 副腎を元気にする食事法

とりたい食材、避けたい食材

 渡辺満樹子=フリーライター

 何をしても疲れが取れない、気力や体力が出ない。でも、健康診断の数値に異常はない……。そんな人は、ストレス過多による「副腎疲労」の可能性もある。副腎疲労の専門家である本間良子院長・龍介副院長夫妻は「食生活を少し変えることで副腎が元気になり、症状が回復することも珍しくない」と言う。本間夫妻も実践する、副腎を元気にする食事法について聞いた。

長引く疲れ。でも原因が分からない。そんなときは副腎疲労の可能性もある(c)Shojiro Ishihara-123rf

 取材当日、午前の診察を終えて明るい笑顔で撮影現場に現れた本間良子院長・龍介副院長夫妻。そのはつらつとした姿からは想像できないが、龍介副院長は学生時代からつい6年ほど前まで、時折原因不明の疲労感や気分の落ち込みに悩まされ、ベッドから起き上がれないほどの状態になることも何度かあったという。

本間良子院長(左)と、かつての不調をみじんも感じさせない龍介副院長(右) (写真:村田わかな)
[画像のクリックで拡大表示]

 いくつもの病院に通って、検査を受けたが、数値に異常はなし。うつ病と診断されたこともあったが、抗うつ剤はまったく効かず、症状は悪化するばかり……。そんなどん底の状態の中で知ったのが、米国人医師、ジェームズ・L・ウィルソン博士が治療・研究に携わる「副腎疲労(=アドレナル・ファティーグ)」だった。

 その著書には、ストレスの強い仕事や生活習慣、偏った食習慣など、様々なストレスの積み重ねが副腎疲労の原因になることが多いと書かれてあり、夫妻は、龍介副院長の状態はまさにこれにあたると確信したという。その後、治療により、症状は徐々に回復。副腎疲労に苦しんだ経験を生かし、本間夫妻は2005年、川崎市に日本初の副腎疲労外来があるスクエアクリニックを開業した。

副腎疲労は「万病のもと」

副腎は脊椎の近く、ちょうど一番下の肋骨の真下あたりに左右に1つずつある(イラスト Akiko Takagi)
[画像のクリックで拡大表示]

 副腎とは、左右の腎臓の上部にあるホルモン分泌器官。ストレスに対処するホルモン「コルチゾール」をはじめ、生命の維持に欠かせない様々なホルモンを分泌する器官だ。

 「ここでいうストレスには、精神的なストレスだけでなく、大気汚染や食品の添加物、気温の変化、食生活の変化、持病や感染症など、体内で炎症を起こす恐れのあるもの全てが含まれます。ストレスが多く、コルチゾールが過剰に分泌される状態が続くと、副腎が疲れて必要なときに十分な量を分泌できなくなり、ストレスと闘えなくなる。この状態を『副腎疲労(アドレナル・ファティーグ)』と呼びます。正式な病名ではなく、欧米や日本のような先進国でもまだ多くの医師が認識していない病気ですが、副腎疲労になると、炎症を抑えられず疲労感や様々な不調が出やすくなります」(良子院長)

 例えば、副腎から分泌されるコルチゾールは血糖値や血圧のコントロール、免疫機能や神経系のサポートをつかさどるため、副腎疲労を起こして分泌がうまくいかなくなると、生活習慣病やうつ症状、花粉症などのアレルギー症状、橋本病やバセドウ病などの自己免疫疾患を発症することもあるという。

 また副腎は、やる気を高めて生理作用をコントロールするアドレナリンやドーパミン、性ホルモンなども分泌するため、副腎の不調は性欲の後退、女性ではPMS(月経前症候群)や更年期障害などの症状にもつながるという。「米国の抗加齢医学会では副腎疲労は『万病のもと』といわれ、甲状腺の病気や感染症、喘息、うつ病、糖尿病、高血圧など様々な疾患を治療するにあたり、まず副腎疲労の治療を優先的に行うよう指導しています。副腎を疲れさせないようにすることは、体のベースを整え、パフォーマンスを高めることにつながると考えられています」(龍介副院長)

食生活の改善がカギ

 では、副腎を疲れさせないようにするにはどうすればよいのか?「副腎から分泌されるホルモンの材料となるのは『食べ物』。そのため、副腎に良い食べ物を選んでとると同時に、負担がかかるものは避けることが大切です」と龍介副院長。以下に、副腎ケアのために積極的にとりたい食材と、避けたい食材を紹介する。

次ページ
とりたい食材

1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 寝ても取れない疲れを取るには?

    「疲労大国」といわれる日本。「頑張って仕事をすれば、ある程度疲れるのは当たり前」「休む間もないほど忙しいが、やりがいがあるから、さほど疲れは感じない」などと思っている人も多いかもしれない。だが、睡眠時間を削るような働き方を続けていると、知らぬうちに疲れはたまる。結果、「寝てもなかなか疲れがとれない」という状態に陥るばかりか、免疫力の低下や、生活習慣病の発症につながることは多くの研究で知られている。疲労の正体から、疲労回復の実践的な方法までをまとめた。

  • つらい筋トレ不要? 効率的に「お腹を凹ませる」トレーニング

    薄着の季節になると、何かと気になる“お腹ぽっこり”。短期間で何とか解消したい!と思う人は多いだろう。しかし、スポーツジムでしっかり運動するのはつらいし、運動する時間を確保するのも大変だ。そこで、今回のテーマ別特集では、手軽に実践できる「ドローイン」と「猫背姿勢の改善」で“ぽっこりお腹”を解消していこう。

  • 突然死を招く「高血圧」 “少し高め”でも放置は危険!

    日本人の40代男性の約3人に1人、50代男性では約3人に2人が該当するといわれ、女性でも更年期以降に増加する「高血圧」。「少し高いだけだから」と思って対策を先延ばしにしていると、血管の老化が進み、脳卒中や心筋梗塞などの命にかかわる合併症を引き起こすほか、ヒートショックによる突然死などの原因にもなる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間
明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.