日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

からだケア

トピックス

間違いだらけ! 蚊に刺されたときの対処法

「かく」「爪で痕をつける」…刺激でかゆみを紛らわすのはNG

 鈴木 英子=ニューズフロント

 消費財流通の業務効率を支援するサービスを手がけるプラネットが実施した調査結果(調査期間:2015年5月7日~22日)によると、蚊にさされない対策として、虫よけスプレーを使う人が多いものの、自宅では蚊取り線香が定番になっているという。

 調査は、インターワイヤードのインターネットリサーチ「DIMSDRIVE」と共同で行った。対象は同リサーチのモニター、男女6003人。回答者のうち、蚊に刺されやすいと自覚している割合は、男性が45.4%であるのに対し、女性は53.5%と半数を超えた(図1)。

図1◎ 蚊に刺されやすいか
蚊に刺されやすいか
[画像のクリックで拡大表示]

蚊に刺されやすいタイミングは「汗」と関わりがある?

 どんな時に蚊に刺されやすいか聞くと、「汗をかいているとき・汗で肌がべたついているとき」(49.3%)との回答が最も多く、「お酒を飲んだ後」(26.9%)、「就寝中」(23.0%)、「体温が高いとき」(22.5%)と続いた。

図2◎ 自身の感覚として、蚊に刺されやすいのはどんなときか
蚊に刺されやすいのはどんなときか
[画像のクリックで拡大表示]
日経Gooday マイドクター 会員限定記事が読み放題! 登録初月は無料! 登録は今すぐ!

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について