日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > トピックス  > 熱中症対策、実践できている人はわずか1割
印刷

トピックス

熱中症対策、実践できている人はわずか1割

知識と実践の隔たり大きいのは「水分と塩分の同時補給」

 鈴木 英子=ニューズフロント

 味の素がまとめた「夏場の水分補給」に関する調査結果(調査期間:2015年5月26日、27日)によると、半数近い人が「水分と同時に塩分も補給する」ことが大事だと認識しながらも、1割程度の人しか実践していないという。

夏の不調で「めまい・立ちくらみ」「倦怠感」が多い理由

 30代~50代の男女300人を対象にアンケートを実施したところ、3人に2人は夏場に何らかの体調不良を感じたことがあり、中でも「めまい・立ちくらみ」(40.0%)、「倦怠感」(36.3%)、「食欲不振」(33.3%)が多い(図1)。

図1◎ 夏に感じたことがある体調不良の割合(%)
夏に感じたことがある体調不良
[画像のクリックで拡大表示]

 それぞれ不調を感じたときの対処法は、「涼む」「安静にする」「特に何もしない」が共通して多く、「水分補給」はそれぞれの不調によりばらつきはあるが1割程度にとどまった。「めまい・立ちくらみ」「倦怠感」「こむらがえり」は体内の水分不足が進んだ状態に現れる不調でもあるため、適切な水分・塩分補給を行えていない可能性があることを、同調査は指摘している。

 夏場の水分補給で適切だと思う方法を聞くと、「こまめに」(87.0%)、「朝起きたら」(64.0%)、「夜寝る前に」(59.3%)と、いずれも推奨されている方法が上位に選ばれた。しかし、水分補給が遅れがちになる「喉が渇いたら」(47.0%)も半数近くが適切だと思っていることが分かった(図2)。

図2◎ 適切だと思う水分補給方法と実践している水分補給方法(%)
適切だと思う水分補給方法と実践している水分補給方法(%)
[画像のクリックで拡大表示]

1/2 page

最後へ

次へ

BACK NUMBERバックナンバー

バックナンバーをもっと見る

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 突然死を招く「高血圧」 “少し高め”でも放置は危険!

    日本人の40代男性の約3人に1人、50代男性では約3人に2人が該当するといわれ、女性でも更年期以降に増加する「高血圧」。「少し高いだけだから」と思って対策を先延ばしにしていると、血管の老化が進み、脳卒中や心筋梗塞などの命にかかわる合併症を引き起こすほか、ヒートショックによる突然死などの原因にもなる。高血圧はなぜ怖いのか。そして、どうすれば血圧は下がるのか。本特集で最新情報をアップデートしておこう。

  • 長年の悩み「腰が痛い」を解決する

    男女とも非常に多くの人が悩むのが「腰痛」だ。ぎっくり腰のように、痛みは強いが原因が分かりやすいものは対策しやすいが、問題なのは原因がはっきりしない、「なんだか知らないけど、いつの間にか…」始まってしまう慢性腰痛。長年にわたって悩む人も少なくない。だが、この10年で腰痛治療は大きく変わった。

  • 痛風・尿酸値の「そこが知りたい」

    多くの男性が気にする「痛風」、そして「尿酸値」。「プリン体を抑えた発泡酒などを選べばいい」「魚卵、レバーはダメ」など、いろいろな“常識”が知られているが、これらの常識がすべて正しいわけではない。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間
明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.