日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

からだケア

トピックス

「減塩は夫への愛」 妻の7割超が減塩料理に関心あり

だしや香りを生かした減塩料理テクニックを活用

 鈴木 英子=ニューズフロント

 京樽がまとめた「夫婦仲と減塩に関する実態調査」(調査期間:2015年5月27日~28日)の結果によると、妻の4人に3人は減塩料理に関心があり、夫を大切に思っている人では減塩料理への関心率はさらに高まる。

 20歳~59歳の既婚女性1000人に、家族の食事を用意する時に気を付けていることを聞いたところ、「栄養素が偏らないようにする」(56.4%)と「お金をかけ過ぎない」(53.4%)が特に多く、半数を超えた。次いで多かった回答は「塩分が多くなり過ぎない」(47.9%)だった(図1)。

図1◎ 家族の食事を用意する時に気を付けていること
家族の食事を用意する時に気を付けていること
[画像のクリックで拡大表示]

 年代別で見ると、年齢層が高いほど「塩分が多くなり過ぎない」ことを心がける割合は高まり、50歳代では過半数(55.2%)を占めた。

 既婚女性の75.2%が「減塩料理に関心がある」と答え、夫婦仲に関する質問で「夫を大切にしている」と答えた人ではその割合は78.2%にのぼる。「夫を大切にしていない」と答えた人では62.5%にとどまった(図2)。

図2◎ 減塩料理に関心があるか
減塩料理に関心があるか
[画像のクリックで拡大表示]

だしや香り、風味を生かした減塩テクニックが主流に

 実行したことのある減塩テクニックは、「だしのうまみを活かす」(62.2%)が1位、「ネギやニンニクの風味で食欲を引き出す」(53.4%)が2位、「スパイスを利用して風味を付ける」(45.0%)が3位となった(図3)。

図3◎ 実践したことのある減塩料理/カロリーオフ料理テクニック
実践したことのある減塩料理/カロリーオフ料理テクニック
[画像のクリックで拡大表示]

 カロリーを抑えた料理を作るためのテクニックとしては、「鶏肉は皮をとって使う」(36.6%)、「肉は脂肪の少ないもも肉やヒレ肉を主に使う」(35.5%)、「油揚げ・がんもどきなどは油抜きをする」(34.2%)が上位に挙げられた。

期間限定 日経Gooday マイドクター 最大2カ月無料キャンペーン! 2017年4月1日~5月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について