日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

からだケア

トピックス

話題のヒアリ、もし刺されたらどう対処?

ハチ刺傷経験があると危険な場合も

 加納亜子=日経メディカル

 毒針を持つアリ「ヒアリ」が兵庫県尼崎市、神戸市をはじめ、愛知県、大阪府、東京都と各地で発見されている。この事態を受け、厚生労働省健康局はこのほど、事務連絡「ヒアリに刺された場合の留意事項について」を出し、医療関係者に対して注意を促している。

 ヒアリ(学名:Solenopsis invicta)は、南米大陸原産のハチ目アリ科に分類されるアリの一種。赤茶色で腹部は濃く黒っぽく、体長は2.5~6mmとばらつきがある。非常に攻撃性が強く、毒性も強い。農耕地や公園などに巣(アリ塚)を作る習性があり、北米や中国、フィリピン、台湾などにも外来生物として侵入・定着していることが確認されている。

 ヒアリの毒には、アルカロイド毒(ソレノプシン)の他、ハチ毒にも含まれるホスホリパーゼやヒアルロニダーゼなどが含まれる。そのため、「過去にヒアリに刺された経験がなくても、ヒアリ毒はハチ毒と交叉反応性(*1)があるため、ハチ刺傷を受けたことがある人や、ハチ毒アレルギーを持つ人がヒアリに刺されるとアナフィラキシー(*2)を生じる可能性がある」と兵庫医科大学皮膚科准教授の夏秋優氏は説明する。

*1 交叉反応性:特定の抗原(アレルゲン)に対してアレルギー反応を起こす人が、別の抗原に対してもアレルギー反応を起こすこと。
*2 アレルギー反応が重症化し、じんましんなどの「皮膚症状」、呼吸困難などの「呼吸器症状」、唇の腫れなどの「粘膜症状」、嘔吐や下痢などの「消化器症状」のいずれか2つ以上が発生した場合をアナフィラキシーと呼ぶ。

 ハチ毒へのIgE抗体の有無などにより、刺された後に生じる症状の程度は大きく異なる。

 軽度であれば、刺された瞬間に強い熱さを感じ、やがて刺された痕がかゆくなり、半日~1日ほどたつと小さな腫れものができる。

 中程度では、刺されて数分から数十分後に刺された部分を中心に腫れが広がり、部分的、または全身にかゆみを伴う発疹(じんましん)が現れる。

 重度の症状を起こすケースではアナフィラキシーを起こし、刺されてから数分から数十分後に息苦しさ、声がれ、激しい動悸やめまいなどを生じる。「ヒアリが持つアルカロイドは致死性を伴うものではない。だが、タンパク毒との交叉反応によりアナフィラキシーを起こした場合は処置が遅れると致命的になる可能性がある」と夏秋氏。

 対処法はハチ刺傷と同じだ。刺された直後20~30分程度は安静にし、体調の変化がないかを確認する。軽症であれば、抗ヒスタミン軟膏を塗り、水で患部を冷やし、全身症状が見られれば医療機関を受診する。

期間限定 日経Gooday マイドクター 最大2カ月無料キャンペーン! 2017年4月1日~5月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について