日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

からだケア

トピックス

60代前半と後半で違う!仕事選びの基準や働く動機

年齢が上がるにつれ「健康維持のために働きたい」傾向強く

 鈴木 英子=ニューズフロント

 電通総研は、50代後半に就労経験のある60歳~69歳の男女2600人を対象に、シニア層の仕事や働くことへの意識について、調査した結果を発表した(調査期間:2015年3月21日~25日)。それによると、60代後半のシニア層にとって、「健康」が働く動機や仕事を選ぶ基準になっている。

男女でも微妙に異なる仕事選びの基準

 60代後半まで働き続けている男女に、60代前半(60~64歳)と60代後半(65~69歳)に分けて、仕事を選ぶときにそれぞれ重視したことを聞いた。すると、男性は60代前半のときは「これまでに培った自分の経験の活用」を最も重視。しかし60歳代後半になると「自分の健康」を最優先し、さらに「最低限の収入」「時間的ゆとり」を重視する人が増えることが分かった(図1)。

図1◎ 60歳代前半と後半の仕事を選ぶときに重視すること(男性)
男性は60歳代前半のときは「これまでに培った自分の経験の活用」を最も重視した。しかし60歳代後半になると「自分の健康」を最優先
[画像のクリックで拡大表示]

 一方、女性は、60代前半、後半ともに「最低限の収入の確保」「自分の健康」をトップ2に挙げ、60代後半では両項目をいっそう重視する傾向が高まる。また、「時間的ゆとり」に重きを置く人が増え、「これまでに培った自分の経験の活用」「仕事と自分の生活のバランス」より重視するようになる(図2)。

図2◎ 60歳代前半と後半の仕事を選ぶときに重視すること(女性)
60歳代前半と後半ともに「最低限の収入の確保」「自分の健康」がトップ
[画像のクリックで拡大表示]
期間限定 日経Gooday マイドクター 登録月プラス1カ月無料キャンペーン 2017年9月1日~10月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について