日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > トピックス  > 高齢者の「熱中症」はなぜ多い? 脱水の予防策は?
印刷

トピックス

高齢者の「熱中症」はなぜ多い? 脱水の予防策は?

熱中症・脱水予防のために知っておきたいこと(2)

 伊藤和弘=フリーランスライター

 気温や湿度が上がり、熱中症が多発する季節になってきた。そこで、環境省主催の「平成29年度熱中症対策シンポジウム」より、ビジネスパーソンに役立ちそうな3講演の内容を一つずつ紹介しよう。第2回はケアーズ代表取締役、白十字訪問看護ステーション統括所長の秋山正子さんによる「熱中症・脱水予防講座」。高齢者向けの内容だが、ビジネスパーソンは高齢の親が熱中症にならないようにするための注意点として役立ててほしい。

高齢者は体内の水分が少ないため、脱水症状を起こしやすい(c)Katarzyna Bialasiewicz-123rf

 約20人の看護師が在籍するケアーズ白十字訪問看護ステーションは、東京の新宿区と千代田区で訪問看護を行っている。2011年、住人の53.6%が高齢者という新宿区の団地・戸山ハイツに、医療・健康の相談ができる「暮らしの保健室」を開設。毎年夏になると高齢者向けに「熱中症予防講座」を開いている。そこでどんな話をしているのか、が本講演の内容だった。

熱中症で亡くなる人は高齢者が圧倒的に多い

 1968年から95年にかけての「熱中症による年齢階級別死亡者数」を見ると、熱中症で亡くなる人は70歳以上の高齢者が圧倒的に多い。高齢者には、まずその事実をしっかり認識してもらうという。

 熱中症の発生状況には「スポーツ」「労働」「日常生活」がある。スポーツや労働で熱中症になるのは炎天下で男性に多いが、高齢になると日常生活で起こしやすくなる。この場合、男女差はあまりなく、ずっと屋内にいながら熱中症になってしまう人も少なくない。

「熱中症保健指導マニュアル2008」より
[画像のクリックで拡大表示]

 2008年夏の東京消防庁管内における熱中症による救急搬送人数と気温の関係を見ると、前日に比べて気温が急に高くなると熱中症患者が増えている。「これは体が暑さに慣れていないため。急に暑くなった日はくれぐれも注意して、意識して水を飲むように指導しています」と秋山さんは話す。

高齢者は脱水を起こしやすい

 高齢者は体内の水分が少ない。体内の水分の割合は赤ん坊が70~80%、成人が約60%に対し、高齢者は約50%に減ってしまう。もともと持っている水分が少ないため、高温・多湿などの環境要因のほか、発汗・下痢などによってすぐに脱水症状を起こす。

 水は生命を保つ上で、酸素の次に重要な物質だ。栄養素や酸素を運ぶ、老廃物を排せつする、体の様々な機能を維持する、といった役割に加え、体温を調節する働きもある。そのため脱水が起こると熱中症になりやすくなる。

 特に認知症の人は脱水を起こしやすい。

1/2 page

最後へ

次へ

BACK NUMBERバックナンバー

バックナンバーをもっと見る

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 長年の悩み「腰が痛い」を解決する

    男女とも非常に多くの人が悩むのが「腰痛」だ。ぎっくり腰のように、痛みは強いが原因が分かりやすいものは対策しやすいが、問題なのは原因がはっきりしない、「なんだか知らないけど、いつの間にか…」始まってしまう慢性腰痛。長年にわたって悩む人も少なくない。だが、この10年で腰痛治療は大きく変わった。

  • 痛風・尿酸値の「そこが知りたい」

    多くの男性が気にする「痛風」、そして「尿酸値」。「プリン体を抑えた発泡酒などを選べばいい」「魚卵、レバーはダメ」など、いろいろな“常識”が知られているが、これらの常識がすべて正しいわけではない。

  • 放置は厳禁! 「脂肪肝」対策の新常識

    肝臓は生命維持に欠かせない臓器で、実にさまざまな機能を担っている。だが、肝臓は「沈黙の臓器」だけあって、肝機能関連の数値がちょっと悪くなったくらいでは症状は現れない。「とりあえず今は大丈夫だから…」と放置している人も多いかもしれないが、甘くみてはいけない。本テーマ別特集では、誰もが正しく知っておくべき「肝臓の新常識」をまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間
明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.