日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

からだケア

トピックス

麻央さんだから自宅で最期を迎えられたのか

 廣橋 猛=永寿総合病院 がん診療支援・緩和ケアセンター長

 フリーアナウンサーで乳がん闘病中であった小林麻央さんが、6月22日に亡くなられました。まず、深い哀悼の意を表するとともに、ご家族に心よりお悔やみ申し上げます。現在、マスコミ各社が関連する多くの報道をされていますが、まだ悲しみの底にいるご家族が、一日も早く平穏な日々を過ごせますよう祈っています。

 さて、緩和ケア医である私は、多くの患者・家族や医療者から、この訃報に関する話題を持ちかけられました。ただ、憶測でしか書くことができない麻央さんの治療経過については、ここで一切書くことはありません。公表されているただ1つの事実、「自宅で亡くなられた」ことについてのみ触れたいと思います。

 まず、在宅緩和ケアを仕事にされている医療・介護者からは、「在宅で亡くなられることの良さ」が伝わったという感想を持つ方が多くいます。事実、市川海老蔵さんが会見で自宅で見送ったことについて問われ、「それはとても良かったと思います。(中略)私の父は病院で亡くしているので、病院のときとは違う、家族の中で家族とともに一緒にいられた時間っていうのは、本当にかけがえのない時間を過ごせたと思います」とお答えになりました。

 麻央さんのように、恐らく難しい疼痛を抱える末期がんの方でも、本人や家族が望めば、自宅で過ごし、自宅で最期を迎えることができるという事実は、ぜひ多くの方に広まってほしいと私も思います。

 一方、様々な理由から、自宅ではなく病院で亡くなるという選択をされる方も多くいらっしゃいます。どこで最期のときを迎えるのがよいかは、それぞれの価値観であり、それぞれの判断を尊重することもまた大切です。もし、自宅で亡くなることが一番という考えがあるとしたら、それは価値観の押し付けであり、病院で亡くなる方が後ろめたさを感じることのないようにお願いしたいと思います。それぞれの患者や家族が、そのときの状況で望む最期の迎え方ができればよいのです。まさに、病院でも在宅でも、患者の望む場所で支える二刀流の緩和ケア医が最も大切にしていることです。

 次に、自宅で亡くなられたことについての一般市民からの声です。少なくない意見として、「麻央さんは有名人でお金持ちであったから、ぜいたくな支援を受けることで、自宅で亡くなることができた。一般人では無理」という趣旨のものがありました。これらは記事やブログへの書き込みなどで多く見られた主張であり、多数派の声かどうかは甚だ疑問です。しかし、このように考えてしまう方が少なからずいるのもまた事実でしょう。麻央さんの在宅医療がどのようなケアプランでなされたのかは分かりませんが、私はこういった声に異を唱えたいと思います。

期間限定 日経Gooday マイドクター 登録月プラス1カ月無料キャンペーン 2017年9月1日~10月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について