日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

医療・予防

トピックス

熱中症、重症かどうかの見極め方は? 応急措置はどうする?

熱中症・脱水予防のために知っておきたいこと(1)

 伊藤和弘=フリーランスライター

 気温や湿度が上がり、熱中症が多発する季節になってきた。そこで、環境省主催「平成29年度熱中症対策シンポジウム」より、ビジネスパーソンに役立ちそうな3講演の内容を一つずつ紹介しよう。第1回は帝京大学医学部救急医学講座の三宅康史教授による「熱中症のメカニズムと対策―近年の傾向と環境保健マニュアルの紹介―」をお届けする。応急措置については「FIRE」(炎)がキーワードになるという。では、その「FIRE」とは何か?

(c)vladischern-123rf

熱中症は「夜間」「屋内」に多いは誤解?

 三宅教授はまず、統計の読み方から起こりがちな「熱中症の誤解例」を挙げていった。

 例えば、ある統計を見ると、熱中症による死亡推定時刻は日中が6割で夜間が4割。昼夜の差はあまりないように感じられる。また、東京都監察医務院の調査によると、2010年7月17日から8月6日までの熱中症による死亡者は95.8%が屋内で亡くなっており、屋外・車内で亡くなる人よりもずっと多い。

 「これらがいわゆる統計のウソ。死亡推定時刻が夜でも、熱中症の発症そのものは気温の高い昼間が圧倒的に多い。また、死亡者が屋内で発見されやすいだけで、直射日光の当たる屋外のほうがずっと危険です」と三宅教授は注意する。高齢者の場合、ずっと屋内にいながら熱中症になってしまう人も少なくないので「屋内」が安心というわけではないが、要は、どこで亡くなるかよりもどこで発症するか(どこが危険か)のほうがずっと重要ということだ。「熱中症で亡くなる場所は当然ながら病院が最も多いですが、病院が危険というわけではありません。『気温の高い昼間』『直射日光の当たる屋外』は特に気を付けましょう」

余った熱を捨てられず、体温が上がった状態

 そもそも熱中症とはどのような病気なのか? 三宅教授は「体から余分な熱を捨てられず、脳が設定する体温よりも実際の体温が高くなっている状態」と説明する。

 体でつくられたエネルギーのうち、約6割は熱に変わるという。気温が高いときや運動したときでも体温を一定に保つには、余った熱を捨てなければいけない。このとき重要なのが血液の量。血液が多いと、熱が血流に乗って体表に広がる毛細血管に運ばれ、冷やされることで体温を下げられるが、脱水状態になると血液量が減り、熱を捨てられない。熱の捨てにくさには、外部の環境(気温が高い、湿度が高いなど)や体の状態(低栄養、二日酔いなどの体調不良など)、行動(激しい運動、長時間の屋外作業など)なども影響しており、例えば、太っていることもリスクになる。皮下脂肪が断熱材になって熱が体内にこもりやすくなるのだ。その他、高齢者も熱中症につながるような環境を不快に思いにくいといった意味で熱を捨てにくくなっているという。

 そうした様々な要因で、体温が上がる。風邪を引いたときはウイルスを殺すため、脳が体温を高く設定して体温が上がる。それに対して熱中症の場合は、脳が平熱を保とうとしているにもかかわらず、外部の環境や体調不良、行動によって体温が高くなってしまうため、体内の水分や塩分のバランスが崩れたり、体内の調節機能が破綻してしまうわけだ(図1、図2)。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
日経Gooday マイドクター 登録初月は無料!

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について